同窓生の皆様へ

同窓生の皆様へ

三育小学校同窓会

三育小学校同窓会

葡 萄 の 房

房々した葡萄が紫の玉を光らせて、棚からいくつもたわわに下がっているのを見ると、秋の収穫の豊かさを沁々と感ずる。それにどの房もはち切れそうに実っていると、どうか損なわれないで無事に人々の食卓にその美しい容姿を見せてくれるようにと思う程である。主はこう言われる。「人がぶどうの房の中にぶどうのしるしのあるのを見るならば『それを破るな、その中に祝福があるから』と言う。・・・」(イザヤ書65章8節)折角の愛の骨折りと涙の祈りの中に育てられた葡萄の実が、中途で損なわれてしまったらどんなに悲しいことだろう。 この美しい房々した実が、いつまでも破れず、損なわれずにありたいと願う心は神も我も人も同じだと思う。実りつつある若い葡萄の房が、その熟する日まで、・・・破るることのなく祝福をその中に保って行ってもらいたいものだ。
昭和33年9月22日発行 同窓会誌創刊号 巻頭言より

 

 



「東京三育小学校同窓会」は、同窓生と学校との相互援助を図ることにより、三育教育の成果をより大きくすることと、共に過ごした仲間たちとの親交を深めることを目的としています。
「お知らせ」等、新着情報は、同窓会facebookをご覧ください。
尚、クラス会のお知らせ等を掲載ご希望の方は、「お問い合わせメール」にてご連絡ください。

組織図

同窓会会長 今津 浩一
Email:
ただ今準備中につき、しばらくお待ちください。

ページTOPへ