豊かな心の教育

豊かな心の教育

豊かな心を育てる

自分も他者も尊重できる共生の心をキリスト教の考えを通して身につけます

東京三育小学校では、キリスト教の精神がすべての教育の土台となっています。朝の礼拝、授業前のお祈り、 聖書の言葉の暗記、また土曜日の教会出席などを通し、私達一人ひとりは神様に愛されている存在だと理解することを、 教育の柱としています。自分はかけがえのないものだと受け入れることで、児童達は物事を肯定的に捉え、 何事にも積極的に取り組む姿勢を身につけます。他者に関しても同様の存在であるという考えのもと、 他者の意見を尊重し、お互いに理解し認め合う価値観を養います。

奉仕活動

助け合い、感謝し合うことこそ人生の喜びであることと体感します
助け合い、感謝し合うことこそ人生の喜びであることと体感します

お互いに助け合い、感謝し合う喜びや大切さを体感するために、積極的に奉仕活動に取り組んでいます。 近隣の清掃活動を行うほか、老人福祉施設に訪問し、 クリスマスの劇や歌を披露し手作りのプレゼントを贈るなど様々な活動をしています。 訪問先で高齢者の皆様から喜んでいただけるのは、児童達にとって何よりの楽しみにつながっています。 これらの活動を通し、児童達は社会と自分とのつながりを認識し、 自己利益ばかりではなく社会全体の利益を考え行動できる人間としての資質を磨くのです。

祈祷週

各学期に一度行われる祈祷週で、キリスト教の教えを深く理解します
各学期に一度行われる祈祷週で、キリスト教の教えを深く理解します

各学期に一度行われる祈祷週では、近隣の牧師にその週の朝の礼拝を担当していただき、 様々な角度からキリストの教えを学びます。また、毎年2 月に行われる卒業祈祷週では、 卒業を控えた6 年生が学校生活を振り返り、神様の愛を感じた体験や聖書の教えを心の土台として歩む決心を話します。 一人ひとりが自分の考えを持ち、これからの生き方について真剣に考えている姿を見ることができるのは、 感動的であり、児童達の成長を実感する時です。

体育について 知育について
ページTOPへ