新着情報 News

新着情報

「シトラスリボンプロジェクト」

 本校の6年生は図工の時間にシトラスリボンを制作し、地域医療を支えてくださっている東京衛生アドベンチスト病院の皆様に感謝を込めてシトラスリボンで飾ったメッセージボードを贈りました。

 

 コロナ禍で生まれた差別、偏見を耳にした愛媛の有志が愛媛特産の柑橘にちなみ、シトラス色のリボンや専用ロゴを身につけて、「ただいま」「おかえり」の気持ちを表す活動を広めています。 それがシトラスリボンプロジェクトです。リボンの3つの輪は、地域と家庭と職場(学校)を表しています。

 

 シトラスリボンの趣旨を理解した子どもたちが一生懸命にリボンを作りました。当初200個作る予定のところ、約500個近く作る熱の入りようでした。

 子どもたちの小さな努力が、コロナ禍のなかに居てもみんなが心から暮らしやすいまちを作るお手伝いができることを願っています。

 そして、なにより、医療従事者の皆様、そして、感染者の皆様が支えられ、安心して日常に戻れるように願っています。

プリ・プライマリークラスⅠ年長クラス(10月19日)のお知らせ

10月19日(月)のプリ・プライマリークラスⅠ年長クラスは、新型コロナウイルス感染症予防に努めながら、15時~下記のとおり実施予定です。

 

 

Aグループ 各自 オンライン(Zoom)にて参加

※Zoomはお子様のみです。14:50にはご参加いただけるよう待機しております。

※使用教材は郵送済みです。

 

Bグループ 本校 お 子  様:音楽室にて参加 

          保護者様:グレンジャーチャペルにて参加

※持ち物:お子様の上履きと、「My Little Bible」(郵送済み)

 

 

◆保護者様・お子様はマスクの着用をお願いします。

◆Bグループの保護者様は、クラス開始前に事務室において参加費をお支払いください。

 

変更が生じる場合は、ホームページでお知らせします。

 

皆様のご参加をお待ちしております。

 

 

プリ・プライマリークラスⅠ年長クラス(10月19日)のお知らせ

10月19日(月)のプリ・プライマリークラスⅠ年長クラスは、新型コロナウイルス感染症予防に努めながら、15時~下記のとおり実施予定です。

 

 

Aグループ 各自 オンライン(Zoom)にて参加

※Zoomはお子様のみです。14:50にはご参加いただけるよう待機しております。

※使用教材は郵送済みです。

 

Bグループ 本校 お 子  様:音楽室にて参加 

          保護者様:グレンジャーチャペルにて参加

※持ち物:お子様の上履きと、「My Little Bible」(郵送済み)

 

 

◆保護者様・お子様はマスクの着用をお願いします。

◆Bグループの保護者様は、クラス開始前に事務室において参加費をお支払いください。

 

変更が生じる場合は、ホームページでお知らせします。

 

皆様のご参加をお待ちしております。

 

 

 

 

 

 

 

 

「希望と喜び」

 校長 平田 理

 

 

 2017年8月中旬、普段は静かな町で、多くの観光客が訪れることもない、米南部バージニア州シャーロッツビルに注目が集まりました。白人至上主義者らと反対派が激しく衝突し、死者を出す事態となったからです。この騒動を受け、トランプ大統領は、当事者のみの問題として解決を図ろうとして、議会からも民衆からも疑義を正す多数の意見が寄せられ、弁明に追われました。

 

 一方で、オバマ前大統領はツイッターに「誰も生まれながらに、肌の色や生い立ち、宗教のために他人を憎まない」と投稿しました。この文面はご存知の方もいらっしゃると思いますが、故ネルソン・マンデラ元南アフリカ大統領の自伝からの引用で、「人は憎むことを、学ぶのだ。もし、憎しみを学べるのならば、愛することも教えられるはずだ。」と人々の寛容と融合を促しました。この衝突は単なる田舎町の出来事ではなく、人種間問題に燻る国家分裂の危機を招く衝突でもあるからです。「…もし憎しみを学ぶのならば、愛も教え、学ぶことができる。愛は憎しみに比べ、より自然に人間の心に届くのだ。」とマンデラは愛と寛容の教育の重要さを説いたのです。

 

 このように価値観さえも混沌とした時代だからこそ、子どもたちに人間として必要な愛と寛容の姿勢を説き、生きることの喜びと希望を学ばせ、自分たちの未来への思いを豊かに膨らませて欲しいのです。

 

 スウェーデンの教育家エレン・ケイ(Ellen Karolina Sofia Key(1849-1926)は、「子供を育てるということは、子どもの中に生きる喜びと希望を育てること。」(『児童と世紀』1900年) と示しました。

 

 聖書で使徒パウロは、「希望の源である神が、信仰によって得られるあらゆる喜びと平和とであなたがたを満たし、聖霊の力によって希望に満ちあふれさせてくださるように。」(ローマの信徒への手紙 15章13節)と、神様に信頼を置くことから希望を抱くように勧めています。

 

 

 

学校紹介「校長挨拶」はこちらをご覧ください。