新着情報 News

新着情報

「心の貧しい人:豊かさを知る」

校長 平田 理

 

 

 

 ある裕福なご家庭のお話です。

 両親は子どもたちに物心両面で、何不自由なく過ごすことができるように腐心し、あらゆる領域の教育にも熱心に取り組んでおられた様子です。ある時、本当の理解に至るには、やはり体験的な学びが大切と考え、自分たちが如何に恵まれ、豊かな生活ができているかを知る旅行に出かけました。最貧国と言われる国々町々に滞在し、農家でも数日間過ごし、旅行を振り返りながら質問しました。
「どうだった?豊かな生活が当たり前になっているけど、貧しい人たちは大変な生活をしているって、よくわかったでしょ?」

子どもたちは

「うん、よくわかったよ。」

「どんなことがわかったんだい?」

「僕たちの家にはトイプードルが1匹。あの人たちの家には犬が5匹、猫も5匹、ウサギとニワトリと牛と馬もいたよね。家にはプールがあるけど、あそこのきれいな川と滝は最高だった。家では夜になると電気がついて便利だけど、あそこでは月明かりと見たことが無いようなきれいな星空で光ってた。うちの冷蔵庫にはたくさんの食べ物が入ってるけど、あの人たちは野菜や果物、たくさんの作物をつくって食べてた。家には安全のためにおおきなフェンスがあって外から見えないけど、あのひとたちは鍵もかけないけど、お隣さんが見守ってくれてるって。家には大きな50型のスクリーンがあるけど、あの人たちは夜遅くまでお友達と話して楽しそうに笑ってたよ。」

「おとうさん、おかあさん、旅行はとっても楽しかったよ。・・・そして、うちは結構、貧しいんだって良くわかったよ。」

両親は絶句しました。
 この旅行の目的は十分に伝わりました。本当の豊かさは物質的な豊かさだけでは無いこと、感謝と喜びをもって生きること、思いやりや親切が人を繋ぐこと、心を満たすものによって豊かさの意味が変わることを学ぶ旅行になったのです。


 豊かさを享受して久しい日本は、本当に豊かな国、豊かさを備えた人として生活できているのか疑問に感じる時があります。いとも簡単に人の尊厳や命が脅かされ、あらゆる権威や権利が揺らぐ時代を生きている子どもたちには、真の豊かさを知る人として生きて欲しいと願います。


 聖書は「心の貧しさ」(マタイによる福音書5章3節)に気づき、受け入れるように説きます。

 心の貧しさとは、自分の弱さと虚しさを認めることです。心の豊かさにつながる愛、憐み、寛容、情けに乏しいことを認め、本当の豊かさを与えて頂きたいと願うことなのです。更には、貧しさを知る人に「天国はその人たちのもの」だと約束されている、だからこそ「幸い」なのです。

 

 

 

 

学校紹介「校長挨拶」はこちらをご覧ください。

2年生 生活・保健の授業 「わたしの誕生・じぶんのからだ 」

 2年生は、「わたしの誕生・じぶんのからだ」について、養護による生活科・保健の授業がありました。

 私たちはお母さんのお腹の中で、はじめは1mmにも満たない小さな小さな存在であったこと。2か月、6か月と成長し、10か月には身長は約50㎝、重さも約3,000gにもなって生まれてくること。何よりも自分と同じ人は一人としておらず、神さまにつくられ、愛されているかけがえのない存在であることを学びました。

 そしてお母さんが赤ちゃんを大切にお腹の中で育ててくれたことを知るために、リュックサックを使って赤ちゃんの重さの体験をしました。

 私たちのからだには自分だけの大切なところがあり、プライベートゾーンをお互いに見せたり、触ったりしてはいけないこと。さわられて嫌な気持ちがしたら、はっきりと「いやだ!」と言うこと。「にげる」こと、「安心できる大人の人に話す」ことを学びました。

 これからも神様から愛されている私たち一人ひとりだからこそ、私たちとつながるすべて人たちを大切にし、行動できるように、様々な視点からの学びと実践を続けていきたいと思います。

3年生の『Exseed』

 私たちの学校では、運動能力の向上のための体育のみならず、周りの人たちの必要に積極的に応え、持っている力を継続的に発揮できる健やかな体の土台造りに努めています。

 3年生では基礎体力を培い、習慣的に運動することを身に着け、持久力を養うためにも、朝の時間や体育の授業の始めに『Exseed』を取り入れています。5分間で、走る、跳ぶなど、音楽に合わせてダンス風にアレンジされ、体を動かすことが好きな子どもも、そうではない子どもも、一緒に楽しみながら取り組むことができる内容になっています。子どもたちみんなが好きな時間の一つです。

 『Exseed』は、「EASY」⇒「BASIC」⇒「HARD」と3つの難易度に分かれており、実施する時の子どもの状況に合わせ、楽しみながら自然に運動量を増やすことができます。

 二学期から始めた3年生。最初は息を切らし必死な様子でしたが、現在は「HARD」に取り組み難なくこなすなど、子どもたちの体力は確実に伸びています。

 4月からは上級生の仲間入りの4年生になります。下級生の模範となり、下級生を助ける活動が増える中で、元気な先輩として体力作りに励んでほしいです。

*『Exseed』は子どもの頃から身体を動かす習慣を取り入れることで自然と運動する習慣を身に付けてほしいということから、国立大学法人「鹿屋体育大学」と「KKB鹿児島放送」とが共同研究として推進している取り組みで、鹿児島県内の小学校を中心に、全国で実施する学校や運動教室が増えています。

グランドに残る雪

 月曜日は東京でも大雪警報が出るほどの積雪になり、翌日は公共交通機関の乱れや積雪による道路の悪化を鑑み、休校となりました。

 今日は元気に登校した子どもたちがグランドや中庭に残る雪で楽しみました。

 今朝は冷え込みが強く、薄氷が張るほどで、先日スケート教室で学んだ下級生は「怖くないもん」「スケートができる!」と喜んでいました。

2/5(月)プリ・プライマリークラスⅡはお休みです

 2月5日(月)プリ・プライマリークラスⅡは、降雪の予報が出ているため、公共交通機関の乱れを鑑み、お休みとさせていただきます。

 なにとぞご容赦くださいますようお願いいたします。