新着情報 News

新着情報

「コミュ力の素地」

 校長 平田 理 

 

 

 

 「だから~、さっきから〇〇だって言ってんだよ」「は~?○○?なにいってるか、わかんね~」「だからさ~、○○だってば、わかるでしょ?」「○○?わかんね~」時折、校内や校庭で耳にする「噛み合わない」会話です。共通理解や話題であるはずですが、伝えようとする言葉と、その言葉の意味理解に「溝」や「壁」がありそうな会話です。

 

 自分以外の人と交流的な関係をつくる力、「コミュニケーション能力」を「コミュ力」として短縮し、昨今では個人の社会情緒的な力の一部として評価しています。自分以外の人との交流とは、家族、親族、近隣、地域、組織、集団、幼小中高の先生、友達、先輩後輩、大学・大学院、国外の人・・・との間で培われる関係性ですが、少子高齢化、都市型家族の増加の影響でしょうか、多様な関係性、他者との出会いも限定的で、会話力が未熟な児童が増えている様子です。校長室を尋ねてくる児童でも本当に大人びた対話が成立する児童もいれば、同学年でも幼い、単語中心の反応ばかりの児童もいます。そもそも交流が成立しにくい未熟な会話力や察知力ですが、対話(dialog)や会話(Conversation)の機会が減り、その術が未熟なので会話の内容が噛み合わない場合が増えているのかも知れません。

 

 自分の考えや思いを言語化して伝える意欲が無いと心には響かないでしょうし、たとえ、言語化が難しい感情や思いであったとしても他者への交流意欲があれば、「伝わる」「受取る」のです。「伝わる」「受取る」ことで他者と関わることの楽しさ、喜びを知るでしょうし、自らが用いた言語や行為のもたらす意味を学ぶでしょう。とりわけ、感情を伴った言語や表情によって交流を重ねることができれば、他者を知ることばかりか、自分を伝えることで自分自身を間接的に知ることにもつながるのです。コミュニケーションの力を育てるには、その素地となる交流意欲や他者への関心、思いを外向きに整えるとともに、安心感がある関係性の中で対話や会話の「機会:練習」を増やし、利用する言葉や表現を繰り返し使ってみる経験が大切なのです。翻って、ご家庭でのお子様との対話や会話が減っていませんか?指示や予定の伝達のみでは「コミュ力」の素地は育ちにくいのです。

 

 聖書は「・・・知る力と見抜く力とを身に着けて、あなたがたの愛がますます豊かになり、 本当に重要なことを見分けられるように。」(フィリピの信徒への手紙1章9,10節)と「見分ける力」を養うことを勧めます。

 お子様との対話を増やしてみませんか?

 

 

 

 

学校紹介「校長挨拶」はこちらをご覧ください。

 

ウィマー大学との国際交流

 お天気に恵まれた5月24日(水)、本校と同じくセブンスデー・アドベンチスト教会を母体とするウィマー大学(Weimar University/アメリカ・カルフォルニア州)の管弦楽団の方々がご来校くださいました。

 「私たちはプロの演奏家ではありませんが、神さまが大好きなので、神さまを讃えるために演奏をしています。」「小さいことでも神さまがお喜びになる選択をしてください。そうすれば大きなことが起こっても、迷うことなく神さまの道を歩むことができます。」「自分は独りぼっちだと思うことがあっても、神さまはいつもそばにいてくださいます。」と子どもたちの心に響くメッセージをくださいました。約1時間にわたる演奏会は、讃美歌やバッハ、楽団員がアレンジした曲などが披露され、身を乗り出して聴き入る子どもたちが多くいました。

 演奏会終了後は、各クラスでの交流会、全校児童とグランドでゲームをするなど、楽しい時間を過ごしました。「僕が言ったことが通じたよ!」とうれしそうに話してくれた子どもが多くいました。

 1898年、セブンスデー・アドベンチスト教会の福音宣教のために来日し、献身されたウィリアム・C・グレンジャー博士の4代後のウィリアム・スモールさんも来校くださったのは大きな喜びでした。本校チャペルは、「グレンジャー・チャペル」と名付けられています。グレンジャー博士が日本に来てくださったからこそ、私たちの学校があり、また全国の三育教育機関があるのです。

 貴重な体験をした子どもたち。ウィマー大学の皆さまに心から感謝します。

「ゼイネップのタイムマシン」

校長 平田 理  

 

 

 

 好天のもと運動会を終えました。4年ぶりにコロナ禍以前のフルプログラムで実施しました。本校は親子競技だけでなく、保護者だけのリレー・障害物競走・綱引きもあります。お家の人が懸命に走るなどの姿に子どもたちは大喜びでした。

 上級生はマーチングを行います。このために前年度から練習を始め、運動会の2週間前からは練習を連日行いました。ドラムメジャー(指揮者)の指揮に合わせて、隊形をつくり、リコーダー、太鼓、ベルリラ(縦型鉄琴)、ピアニカ(鍵盤ハーモニカ)、トランペット、シンバルを練習し、合奏しました。音程も拍子も安定しなかった「音」が練習を重ねるたびに少しずつではありますが、まとまって「曲」となり「合奏」に仕上がりました。音楽好きや楽器演奏が得意な児童ばかりではありませんので、合奏には苦労が多かっただろうと思います。

 

 「ゼイネップのタイムマシン」という教育的実験があります。トルコ政府が小学校3年生を対象に「非認知的能力を高める」ために研究しているプログラム(週2時間、8週間)です。具体的には「タイムマシン」を自作させて、「将来のある一日」の自分を想像させるのです。子どもが「最新型のドローン」が欲しいと仮定すると、その「タイムマシン」に乗り込んで「未来」に行くと「ドローン」を使って楽しんでいる、いない。更には「ドローン」でどんな遊びができるかを相談したり、「ドローン」を手に入れた嬉しさを共有させたりする。一方で、お小遣いが不足して手に入らなかった場合や、どのようにお小遣いを使うべきかを相談させ、「将来を具体的に想像させる」といったものです。プログラムを通じて意思決定がもたらす効果や結果を学ぶのです。将来を想像できるグループは消費行動を管理するようになり、このプログラムを経験しないグループは眼前の欲求を満たす消費を繰り返す傾向があるといいます。簡単に評価し難い「自制心」や「忍耐力」を考える機会を与えることで個人の意思決定、消費行動の質を向上させるばかりか、トルコの若年層全体に対しても好影響を与えようとしています。

 

 「社会情緒的な力(非認知的能力)」は、突然身につくものでは無く、小さな判断や決断の積み重ねで身に着けていく美徳です。鼓笛隊の楽器演奏が上達することにも似て、実際的な「練習」「訓練」が必要不可欠です。上質な理論や教材を与えたとしても曲は演奏できません。個別や全体の「練習」「訓練」が演奏の鍵です。

 

 「社会情緒的な力」を涵養(かんよう)することも同様です。日常生活の一つ一つの小さな瞬間に「練習」が在り、そこで下される小さな積み重ねが「生きる力」を育むのです。

 

 「わたしたちは、見えるものにではなく、見えないものに目を注ぐ。見えるものは一時的であり、見えないものは永遠につづくのである。」(コリント人への第二の手紙4章18節)

 

 

 

学校紹介「校長挨拶」はこちらをご覧ください。