新着情報 News

新着情報

「放たれた矢」

校長 平田 理

 

 

 自分のしていることが相手に何を、どのように与えたかを、人は知らないことが多いのではないでしょうか。むしろ、何かを与えていると感じて接している時は、相手にとってそれは不要なもの、迷惑なことなのかも知れません。

 

「おはようございます、いってきます!!」と明るく、元気に出かけていく近所の園児の挨拶に、心が温められます。自転車のチャイルドシートから発せられるその声と明るさに、励まされ、救われるような気持ちにさえなります。勿論、その挨拶に近所のだれかのためにとか、世の中を明るくするためにといった特段の理由は無いでしょう。むしろ、家庭教育の実として習慣化された、近所の人への「ただの挨拶」なのかも知れません。

 翻って、子どもや誰かのために放つ「親身な声掛け」や、与えようとした「教育的な」助言や支援が、柔らかな心や見えない心根に思いがけない影響を与え、愕然とすることもあります。

 

 人の心は、時に問題や困難の隘路(あいろ)に入り込んで、後戻りも抜け出すこともできない状態に陥っていることがあります。自分自身の置かれている状況を俯瞰(ふかん)し、抜け出すには意図的に、誰かから見つけてもらうような機会や何らかの支援が必要です。そのような時、周囲から見れば些細な、他愛もない「挨拶」や「ほほえみ」、「ひと言」が、誰かをその隘路から導き出し、小さな幸せをもたらしてくれることがあります。むしろ、「意図されない」自然な言葉や行為にこそ「力」があると感じます。その及ぼす影響は放たれた矢のごとく、自分の知りえない時に、想像さえ及ばないところで作用していることを19世紀の古い詩『矢と歌:The Arrow and the Song』が教えてくれます。

 

  『私は大空に矢を放った 矢は私の見知らぬ大地に落ちた

  飛び去る矢は余りにも早く その行方を追うことはできなかった

  私は大空に向かって歌を唱った 歌は私の知らぬ大地に消えた

  その歌を追うことができるほど敏感で強力な視力を 持つ人はいなかった

  幾多の歳月が流れ去り 一本の樫の木に、折れずにささっている矢を見つけた

  そして、私のあの歌が何も変わらずそのまま、友の心に宿っていたのを知った』

H・W・ロングフェロー(Henry Wadsworth Longfellow,1807-1882)

 

 私たちの放つ言葉や行いが誰かを幸せに導いていくように、励ましや支えとして作用するように「・・・良いものをいれた心の倉から良いものを出し・・・心からあふれ出ることを語る」(ルカによる福音書6章45節)ように心に刻みたいものです。

 

 

学校紹介「校長挨拶」はこちらをご覧ください

プリ・プライマリークラスⅠ 年長クラス(7/5実施)のお知らせ

7月5日(月)の年長・通級クラスは、ご来校いただき、対面で実施いたします。

 

保育参観日となっていますが、保護者の皆様にはチャペルにおいてクラスの様子をご覧いただきます。ご了承ください。

 

オンラインクラスの皆様は、通常通りZOOMでお入りください。

 

お目にかかれることを楽しみにしています。

 

プリ・プライマリークラスⅠ 年長クラス(7/5実施)のお知らせ

7月5日(月)の年長・通級クラスは、ご来校いただき、対面で実施いたします。

 

保育参観日となっていますが、保護者の皆様にはチャペルにおいてクラスの様子をご覧いただきます。ご了承ください。

 

オンラインクラスの皆様は、通常通りZOOMでお入りください。

 

お目にかかれることを楽しみにしています。

 

「うんとかんがえる」

校長 平田 理

 

 

 

「わたしはスイミーについて書きたいと思います。わたしはスイミーをよむのが大すきです。なぜ、すきかというと、スイミーはとても頭がよいと思ったからです。さいしょは、スイミーだけ黒くてとてもかわいそうだと思いました。でも、一人のこされても、ほかのなか間をつくってさいごに大きな魚をおい出したところが、すごいと思いました。大切なところは、うんとかんがえるところだと思います。わたしも、うんとかんがえてかしこくなりたいと思います。」(2年生女児 原文まま)

 

「スイミー」の授業内感想文です。短文の中に、自分の考えをよくまとめています。2年生国語教材として長年用いられる「スイミー」ですが、「うんとかんがえる」ことに注目した児童の感性に感心します。

 

 幼い時から「思考力」を鍛えることは大切な要素です。思考する力を身に着けるには、問い、悩み、失敗し、悔しい思いを抱き、達成の喜びを味わい、創造力や共感力を刺激する体験が必要です。自分自身で「うんとかんがえる」ことの中で、その考えを「誰か」と分かち合うことの意味や違いも学ぶのです。英語の「思いめぐらす、熟考する:speculate」ことの語源は、ラテン語「speculum:鏡」とされます。人は鏡を見ながら、服や寝ぐせを直し、鏡に映る自分の表情から、その日の気分さえも確認します。鏡が映し出す自分自身を見つめ、振り返り、「うんとかんがえる」のです。自分自身に対する視線や自意識を大切にする一方で、他者からも「良く思われたい」「価値ある」存在になりたいと願うのです。人は人間らしく、より良く成長するように、自分自身を見つめ直すように、創られているのです。

 

 世の中には、いくら考えても答えや解決が与えられない問い、課題があります。しかし、「うんとかんがえる」ことで、異なった視点や答え、解決につながるような考えの糸口が見えてくることがあるはずです。

 

 聖書は、『神と共に知恵と力はあり 神と共に思慮分別もある。』ヨブ記12章13節、『主を畏れることは知恵の初め。これを行う人はすぐれた思慮を得る。』詩編111編10節 と、「うんとかんがえる」ことを神様に祈り続けることが、思慮分別を確かに身に着ける近道だと説きます。

 

 

 

学校紹介「校長挨拶」はこちらをご覧ください