新着情報 News

新着情報

「本当に必要なもの」

校長 平田 理 

 

 

 

「○○さんが先に言ってきたので言い返しました」「○○くんがズルいことするから頭にきてやってしまいました」・・・子どもたちのトラブルの原因を尋ねると同様の答えや説明が返ってきます。原因は自分には無く先ずは相手に非があるのだとの主張です。よくよく双方の言い分を聴き出してみると、きっかけは相手ばかりではないことが多いです。お友達とのトラブルを減らすことで学校での楽しく、嬉しい時間(幸福度)はかなり改善されるはずです。

 

 例年話題になる「ワールド・ハピネス・レポート2022(世界幸福度ランキング:150カ国以上参加)」で日本の幸福度は第54位でした。2020年第64位からと比較すると幸福度は向上したようですが、先進諸国の中では最低の位置から抜け出せていません。主観的な幸福の感じ方に対して順位付けすることに抵抗はありますが、5年連続で首位のフィンランド、上位を占める北欧諸国との差異は何処にあるのでしょうか。いくつかある調査項目で注目すべきとされた点は、日本は「他者への寛大さ」と「人生評価/主観的満足度」が非常に低いことでした。これだけ「働き方」を自由に選び、自分の主義や主張を「自由に表現できる」環境にありながら幸福度が低い理由は、誰かのために費やす時間や労力が極端に少なく、他者には厳しい姿勢が招いているようです。

 

 米国ハーバード大学には1938年から80年以上続けられている「人間の幸福と健康」についての大変興味深い追跡調査研究があります。この研究を継続している同大学の成人発達研究所4代目所長のロバート・ウォールディンガー教授(臨床精神医学)によれば、「人間に幸福と健康をもたらす本当に必要なこと、それは良好な人間関係に尽きる」のだそうです。一般的に幸福や健康に結びつきそうな家柄、年収、学歴、職業、住環境などは直接的には関係せず、良好な人間関係、信頼できる人間関係の有無が大きく影響するという調査結果です。「明るく幸福な信頼できる友人がいれば、たとえ自分が苦境でも幸福度があがる」とも言えます。子どもばかりか大人も、良好な人間関係を築くことができれば、人生の悩みごとの殆どを解消できるのかも知れません。

 

 聖書は『あなたは神と和らいで、平安を得るがよい。そうすれば幸福があなたに来るでしょう。』(ヨブ記22章21節)と勧めます。神様との良好な関係が人生の幸福度を更に引き上げ、健康と幸福な人生へと導くという示唆です。

 

 クリスマスシーズンです。私たち人間が真に生きるようにと、イエス様は人間としてお生まれになり、十字架にかかってくださいました。「わたしは平安をあなたがたに残して行く。わたしの平安をあなたがたに与える。わたしが与えるのは、世が与えるようなものとは異なる。」(ヨハネによる福音書14章27節)と語られました。また「受けるよりは与える方が、さいわいである」(使徒行伝20章35節)と言われたイエス様の人生を子どもたちと共に今年も学んでいます。

 

 

 

学校紹介「校長挨拶」はこちらをご覧ください。

2023年4月転入・編入(新2年~4年)と2023年4月新1年入学希望の方へ

下記のとおり、入学を希望される方はご相談を承ります。

 

①2023年4月に新2年生~新4年生になる児童で

◆転入学(お引越しなど)

◆編入学(海外からご帰国)    

 を希望される方

 

②2023年4月に新1年生になるお子さま

 

 

学校ホームページ「資料請求・お問い合わせ」

もしくは学校へご連絡ください。

TEL:03-3920-2450 

受付時間:月~木曜日 9:00~16:00/金曜日9:00~14:00  土・日・祝日年末年始除く