新着情報 News

新着情報

「あなたの座る場所は?」

校長 平田 理 

 

 

 

 

 事故で手足3本を失い、障害等級1種1級である山田千紘さんは、義足での歩行時間が長いと疲労が蓄積し、足の凝りや張りから解放するために義足を外したくなるそうです。ですから、交通機関利用の際は、優先席が空いていれば座り、短時間であれば立ち、義足を履き直す場合などは優先席を利用しています。休日で短パン姿であれば義足であることは一目瞭然ですが、仕事の場合はスーツ姿で義足が隠れて身障者のようには見えません。

 ある日、航空関連の職場に勤める山田さんが地下鉄で移動中、正面に座っていた女性から視線を感じつつ、優先席に座っていると、女性が立ち上がって「ここはあなたが座る席じゃない。違う席に移りなさい」と、注意を受けました。戸惑いながらも障害者手帳を見せ「身体障害の1種1級です」と丁寧に説明したところ、女性から電車内に響く大きな声で謝罪されたことがあったそうです。

 優先席に座っていて気になる人に声をかけ、注意した女性の行動が素晴らしく、嬉しかったと、山田さんは述懐します。注意した相手がたまたま障害のある山田さんでしたが、この女性のような勇気と思いやりのある行動によって、優先席を本当に必要とする人が座れる機会が増えるでしょうし、優先席の役割を十分に果たすことになりそうです。山田さんは、優先席利用者への思いやりある「注意」に対して感謝を伝えました。

 

 翻って、人は日常生活の中において気づかないうちに、「優先される」「損しない」立場を探す傾向があるのかも知れません。「優待」「優先」「優秀」人よりも優位に過ごせる場所や立場に価値を見出し、満足感や優越感を得ている場合もあります。自分に相応しくない位置や立場にも関わらず、そこに立ち続け、他者への関わりや問題から距離を保つために、敢えて「優劣」の比較に巻き込まれている可能性もあります。更には、他者の問題に関わることで「不利」になることを避けているのかも知れません。

 

 聖書(フィリピの信徒への手紙2章3~5節)は『何事も利己心や虚栄心からするのではなく、へりくだって、互いに相手を自分よりも優れた者と考え、めいめい自分のことだけでなく、他人のことにも注意を払いなさい。互いにこのことを心がけなさい。それはキリスト・イエスにもみられるものです。』とイエス・キリストの謙遜の模範を示しています。

 

 山田さんが電車内で体験した(「山田千紘のプラスを数える」)「あなたの座る場所は?」との投げかけに、俯瞰した視点や謙遜な心の在り方を失わないように、ひとり一人が応えたいものです。

 

 

 

 

学校紹介「校長挨拶」はこちらをご覧ください。

重要 2024年4月入学のための願書配布について(9/1(金)配布開始)

2024年4月入学のための願書は9月1日(金)より配布します

 ご希望の方には郵送いたします

こちらからお入りくださり、申し込みフォームに入力し、送信してください。

お子さまお一人・1部を9月1日より順次郵送いたします。

なお、郵便配達事情により、ご家庭に到着まで3~4日かかる場合があります。お含みください。

 

 

学校事務室でも配布します(9月1日より)

受付時間は次の通りです。

月曜日~木曜日 9時~16時

金曜日     9時~14時

※土曜日・日曜日・祝日はお休みです。ご了承ください。

※お子さまお一人・1部は無料です。2部以上は1部500円となっています。

 

ご質問などは、お電話、もしくは学校ホームページ「資料請求・お問い合わせ」からお願いいたします。

 

2024年度児童募集要項は下記よりダウンロードしてご覧ください。↓↓

重要 2024年4月入学のための願書配布について(9/1(金)配布開始)

2024年4月入学のための願書は9月1日(金)より配布します

 ご希望の方には郵送いたします

こちらからお入りくださり、申し込みフォームに入力し、送信してください。

お子さまお一人・1部を9月1日より順次郵送いたします。

なお、郵便配達事情により、ご家庭に到着まで3~4日かかる場合があります。お含みください。

 

 

学校事務室でも配布します(9月1日より)

受付時間は次の通りです。

月曜日~木曜日 9時~16時

金曜日     9時~14時

※土曜日・日曜日・祝日はお休みです。ご了承ください。

※お子さまお一人・1部は無料です。2部以上は1部500円となっています。

 

ご質問などは、お電話、もしくは学校ホームページ「資料請求・お問い合わせ」からお願いいたします。

 

2024年度児童募集要項は下記よりダウンロードしてご覧ください。↓↓

「愛されている感じ」

校長 平田 理 

 

 

 

 

「先生は聖書で好きな場所(書や手紙)はどこですか?」

「たくさんあるなぁ」

「僕はヨハネによる福音書が好きなんですよ」

「それはどうしてですか?」

「だって、神様に愛されている感じがするんです。」

 春の祈祷週中で突然交わされた会話です。お昼休みの祈祷会で、たまたま一緒にお祈りをささげた低学年児童のよどみないコメントに大いに驚かされ、感心しました。聖書の学びの大切な核心を見事に捉えていました。更に翌朝、その児童たちによってささげられた特別讃美歌に心を打たれました。

「祈り求めます。憎しみをすてること。お互いに愛し合い、信じあうことを。・・・主よ、慰められるより慰めることを学び、愛されることよりも、愛することを教えたまえ・・・互いに赦し合うこと・・・主と共に生きること。」

 

「好きな聖書の場所」であるヨハネによる福音書には、確かに、神様の愛を示す言葉が数多く示されています。聖書を学んで日の浅い幼い魂に、聖書の言葉が沁み渡っていることを窺い知り、心から感謝しています。

 それにしても「愛されている感じ」はどんな感じなのでしょうか?必要が満たされている、温かい気持ちになる、嬉しさや喜びに溢れる・・・。心の中にある見えない感覚を「確かなもの」として聖書の「言葉」から感じ取っているのでしょう。ヨハネによる福音書15章は「イエスはまことのぶどうの木」のたとえが記されていることで知られています。ぶどうが豊かな実りを得るためには、枝が幹につながっていることが大切で、離れてしまえば枯れて、失われる存在であることを教えています。同様に、神様と人とのつながりが命の喜びに預かることを示しています。

 

「・・・わたしの喜びがあなたがたの内にあり、あなたがたの喜びが満たされるためである。わたしがあなたがたを愛したように、互いに愛し合いなさい。これがわたしの掟である。」(ヨハネによる福音書15章11,12節)

 

 互いに愛し合い、信じ合う関係が、ぶどうの木の幹と枝の関係を通して分かり易く説明され、互いに愛し合うことを通して、神様の愛を感じるように勧められています。子どもたちは、ご家族との関係で、お友達との関係で、「愛されている感じ」を繰り返し学び、実感するのでしょう。

 

 

 

 

学校紹介「校長挨拶」はこちらをご覧ください。