新着情報 News

NEWS

6年生と5年生 家庭科と図工科の「いのち」の取り組み

6年生

【家庭科】6年生は5年生の3学期に、グランド脇の畑の一角にじゃがいものタネイモを植えつけました。現在順調に成長しています。収穫は梅雨入り前の6月上旬で、そののち家庭科調理実習においてじゃがいも炒めをします。

 

【図工科】5月10日の「コットンの日」に合わせて、綿と紅花の種を蒔きました。現在小さな芽が出ています。紅花は8月に、綿は12月上旬に刈り入れし、それぞれドライフラワーにする予定です。多く収穫が得られれば、紅花の花を使って、綿の染色も試みる予定です。

 

5年生

【家庭科】【図工科】

ハーブのカモミールを育てています。秋には乾燥させてハーブティーを作ります。

 

神様が創造された自然の中で、子どもたちが共に植物を育て、食したり活用したりすることを通して、神様が「いのち」を生み出され、私たちがその「いのち」に生かされ、また神様に「いのち」を託されていることへの感謝の体験をすることを目指しています。この取り組みは、子どもたちの心の成長を促すものでもあります。

 

今はまだ小規模ですが、「エディブル・スクールヤード」の本格的な実践を目指しています。

1年生と2年生の観察日記

 1年生と2年生の「生活」の時間では、1年生が「あさがお」、2年生は「ミニトマト」を育てています。

 先週、1年生は鉢に土を入れ、種を蒔きました。毎日「まだかな、まだかな」「今日こそ芽が出ているかな」と心待ちにしながら、登校した後にすぐに鉢を見て、水をやり、眺めていた1年生。早速「あさがお絵日記」を始めました。そして、ついにかわいい小さな芽が出始めました。何色のあさがおが何個のお花をつけてくれるか今から楽しみにしています。

 

 2年生も一人ひとりのミニトマトの成長は順調です。「ミニトマトの絵日記」も始めています。1年生と同様に毎朝水をやり、葉が増え大きくなっていく様をじっくり観察しています。丸々とプリッとした真っ赤なミニトマトがどんなふうに実をつけ、いくつ実ってくれるのか、わくわくしています。

 

 今日は1年生と2年生は合同で、きれいに整えられた畝に、さつまいも(紅はるか)の苗を一人ひとりが丁寧に植えつけました。指導は校長先生です。

 

 神様が雨を降らせ、太陽の光を注ぎ、成長に必要なものをすべて与えてくださいます。

 あさがおとミニトマトの成長と共に、さつまいもがどんなふうに育っていくのかを観察しながら、秋のお芋掘りを楽しみに待ちます。

「神のなされることは皆その時にかなって美しい。」 旧約聖書 伝道の書 3章11節

5月6日 学校説明会を実施しました

 ゴールデンウィークの最終日、お時間を割いて学校説明会にご来校くださった皆さま、ありがとうございました。

 

 今回ご都合によりお越しになれなかった方々や、2025年度4月入学のために本校受験をご検討くださっている方々におかれましては、9月1日(日)に入試説明会を実施します。

 1か月前より、ホームページからお申し込みを開始いたします。

 この機会に是非ご来校くださいますよう、よろしくお願いいたします。

 入試説明会では9月2日(月)からの願書配布に先立ち、願書をお渡しいたします。

 また、入学試験についての内容を中心にご説明する予定です。

 

 学期中ではありますが、個別の学校見学もお申込みを受け付けしています。

 お電話、もしくは「資料請求・お問い合わせ」から、いくつかご希望日をご用意いただき、お申込みください。

 また、年中・年長を対象とした「プリ・プライマリークラスⅠ」のお申込みも引き続き受け付けしています。こちらからお入りください。

 

 皆さまのご来校をお待ちしています

 

1年生歓迎 春の遠足

 1年生は入学してから3週間余り、通学、学校での着替え、お祈りすることにも、讃美歌を歌うことにも、礼拝にも、授業にも、お弁当の時間も、お友達と遊ぶことにも、そして宿題をお家ですることにもだいぶ慣れて、「三育の子ども」になってきました。

 先週、その1年生を全校児童で歓迎する春の遠足を小金井公園で実施しました。

 お天気に恵まれ、暑いくらいでしたが、全校児童が出席できた遠足になり、神様に感謝しました。

 1年生は6年生のバディと一緒に、2年生と5年生もペアになって、上級生が下級生を助け、守りながら、花小金井駅から小金井公園まで元気よく歩きました。

 歓迎会では、全学年縦割りのグループ(私たちの学校ではファミリーと呼んでいます)に分かれ、各ファミリーの6年生がファミリーの1年生を紹介してくれました。

 また児童会委員が、みんなで楽しめ、仲良くなれるレクリエーションを企画し、互いの手を取り、笑顔いっぱいの時間を作ってくれました。

 お昼にはお家の方が作ってくれたおいしいお弁当を食べ、それぞれが食べたいものを選んで持って来たお菓子も食べ、すっかり満足したあと、思い思いに遊びました。6年生が1年生を誘って一緒に遊びに行く姿も見られ、1年生は楽しい時間を過ごさせてもらいました。

 小金井公園から花小金井駅までの帰り道は、6年生が疲れ切った1年生のリュックサックを持ち、「頑張れ、頑張れ」「もうちょっとで駅だから」と励まし続けながら寄り添って歩いてくれました。

 様々な学校行事では、同学年のお互いをさらに知る機会であり、お互いを大切に思い、助け合い、関係を深めていきますが、私たちの学校のように、1学年1クラスの小規模校では全学年をとおしてそのような関係を作り上げることが可能です。

 学校行事や体験学習をとおして、学校の校訓である、

「だから、何事でも人々からしてほしいと望むことは、人々にもそのとおりにせよ。」(新約聖書 マタイによる福音書7章12節)

の心が育まれていくことを目指しています。