新着情報 News

校長通信

「You made my day ちょーうれしい」

校長 平田 理

 

 

 

 担任の代役で時折、教壇に立つ機会があります。子どもたちの表情を眺め、掲示物や作品、文章を楽しみ、課題再提出や未提出者の名簿に目を凝らし、子どもたちの会話に耳を大きくします。「しあわせクラス」と記された箱が目に留まりました。学級の意見箱でしょうか、中身までは確認しませんでしたが、教室の「うごき」や「思い」がみえるような気がしました。うれしかったことや悲しかったこと、誰かへの苦情、意見、お願い、時には誰かの悪口や傷つける内容までが投書されるかも知れません。それらも含め「しあわせクラス」を目指す過程なのでしょう。誰かの良いところを誉めたり、痛みに気づいたりすることで自分以外の人への距離や感情の保ち方を学ぶ機会にもなるでしょう。

 

 車、飛行機、船などの製造業「Honda」の宣伝で「きょうだれかをうれしくできた?」のコピーを観た時に、2学期始業式で提案した「だれかをハッピーにする日を増やす」が重なり嬉しい気持ちになりました。何らかの行いが、声かけが自分以外の人の幸せな気持ちや喜びを創り出せたとしたら、誰もが「ちょっとうれしい」のではないでしょうか。自分の気持ちや想いを誰かに向けることで、「届く」「伝わる」という意味で、宣伝文の印は横を向いているのだそうです。

 

 「You made my day」は、誰かに幸せな気分にしてもらったときに使うフレーズです。やや大げさに「あなたは私の一日を幸せにしてくれた」の意味が込められ、子どもたちの「ちょーうれしい」に当たるでしょうか。私たちは誰かのうれしいを意図的に届けることもできますし、思いがけずに相手が喜びや幸せを感じ取ってくれる時がある一方で、裏腹な思いをさせてしまう弱さを抱えています。

 

 聖書には「だから、今述べた諸悪から自分を清める人は、貴いことに用いられる器になり、聖なるもの、主人(神様)に役立つもの、あらゆる善い業のために備えられたものとなるのです。」(テモテへの手紙Ⅱ 2章21節)とあります。無用な競争心、嫉妬心、意地悪な気持ちから離れて清められ、貴いことや善い業のために備えられた器、「幸せと喜びを運ぶ器」になることが薦められています。自分が幸せにしてもらうことは嬉しいことですが、同時に、誰かの幸せや喜びを届けることに「うれしいの源」が潜んでいることを教えてくれます。

 皆さんは「きょうだれかをうれしくできた?」

 

 

 

学校紹介「校長挨拶」はこちらをご覧ください。

「デザイン Design」

校長 平田 理

 

 

 

 今年は沖縄県の本土復帰50年という節目で多くの美術館で沖縄の芸術が展示されています。琉球王朝は14世紀ごろから朝貢貿易(中国)や中継貿易(東南アジア)で周辺諸国の文化や貴重品を多数流通させて繁栄していました。特に黒糖、芭蕉布、紅型、硫黄、陶器、漆器、螺鈿細工などは、薩摩の島津氏、江戸幕府の徳川氏への朝貢品としても納められ、関係改善に貢献しました。

 しばらく前ですが、沖縄県大宜味村にある「喜如嘉」を尋ねたのは芭蕉布の美しさと糸を紡ぐ手の技を直に拝見するためでした。数百年間織られてきた芭蕉布は戦争で途絶えそうになりましたが、平良敏子さん(1921~2022 人間国宝)と地域の女性たち(友部:どぅしびぃ)によって甦り、現在では美術工芸品の領域です。材料となる糸芭蕉から育て、とてつもない時間をかけて紡がれる糸や染め、その作品は格別な美しさです。特に平良さんの手指が美しく素早く動く「苧績み(うーうみ:おうみ)」の「機結び:はたむすび」の手技はいつまでも眺めていられますし、「ただ偽りのない仕事をしたい」平良さん発案の「鳥」の図柄は今にも飛び立ちそうで、世界中のデザイナーから絶賛されています。

 

 日本民芸館館長のプロダクト・デザイナーの深澤直人氏は「デザインは生き方です」とコメントしていますが、使徒パウロの言葉(エペソ 2:10 口語訳)を想い起こしました。    

「わたしたちは神の作品であって、良い行いをするように、キリスト・イエスにあって造られたのである。神は、わたしたちが、良い行いをして日を過ごすようにと、あらかじめ備えて下さったのである。」

 

 私たちは大量生産される製品とは異なり、ひとり一人が大切な「作品」であって、明確な目的「よいおこない」をする意匠だと言うのです。私たちには造り手の意図「よいおこない」をする生き方が求められているとも言えます。

 

 平良さんは「偽りのない仕事」を続けられ、まさに「デザインは生き方」を実践され、9月に逝去されました。私たちには、多くの人々に影響を与えるような作品を残したり、手技を身に着けたりすることはできないかも知れませんが、「よいおこない」を心がけ「偽りのない時間」を紡ぐための小さな努力は出来そうです。

 

深澤直人氏:代表作 無印良品のキッチン家電、換気扇型の壁掛けCDプレーヤー等多数

 

 

 

学校紹介「校長挨拶」はこちらをご覧ください。

「練習時間」

校長 平田 理

 

 

 

 子どもたちの自由時間、教室の移動時間、授業の合間の休み時間、学校全体の集散など、正規の学習活動には含まれない「練習時間」が多くあります。児童全体での集合や解散、学年ごとの整列では、ひとり一人の行動と役割を学びます。みんなで順番や時間を守り、自分と他者の違いを理解し、片付けを大切にし、歩調を合わせること等を繰り返し練習します。これは自分勝手な振る舞いを止めて、気持ちを切り替える「練習時間」でもあります。行事や活動自体には含まれない「練習時間」ですが、規律や約束を守る反復練習は集団生活の大切な土台づくりです。集団での自分の役割や立場を考えるばかりか、姿勢を保持し(筋力)、列や隊形を整える力(空間認知)、責任感や協調性を養います。行き過ぎた全体主義や同調圧力は不要ですが、何かを待つ時間でさえ、集団での振る舞いや個人の役割が鍛えられる貴重な体験的な学び「練習時間」です。

 

 小学校生活では、人に備えられた五感(味覚、触覚、嗅覚、聴覚、視覚)を適切に刺激する、感覚刺激を大切にしたいです。更に効果的に刺激するには「身体に近い感覚」から刺激することが大切だと言われています。添加物や加工食品の味で慣らされている舌には、自然な食べ物の味や様々な歯ごたえを知る機会が必要です。

 また、日常生活や身近な自然界にある様々なものを、安全を確かめつつ、実際に手や足や肌で触れてみるような、手が届く体験が大切なのです。さらには、人工的な香りが溢れる都会生活では、自然界や身近な生活にある臭いをかぎ分ける力も大切にしたいものです。

 技術革新によって視聴覚教材は、誰もが膨大な量を眼の前に直ぐに入手できる時代なのですが、幼い年齢に与える刺激は、できるだけ「身体に近い距離」の感覚から丁寧に刺激していくことが望ましいのです。「トゲトゲしてイタイね」「どっちの葉っぱが硬いかな?」「おかあさんはこっちのかおりが好き!」豊かな五感を育てる刺激は、身近な人と体験を分かち合うことで更に効果的だと言われています。

 

 校内には植物や生き物が多くいます。子どもたちは毎日のように植物の成長や、小さな生き物を追いかけ、手に取り観察しています。時には蝶の幼虫を発見し、えさを調べ、用意し与え、さなぎとなる様子や、ふ化して飛び立つまでを見届けます。1~2年生が春に植えたさつま芋の苗は、あと1か月もすると収穫の時を迎えます。こうした時間をかけた生きた体験的学びが必要とされています。

 

 聖書は、「わたしは、こう祈ります。知る力と見抜く力とを身に着けて、あなたがたの愛がますます豊かになり、本当に重要なことを見分けられるように。」(フィリピの信徒への手紙1章9、10節)と薦めます。小さな「練習時間」によって体得される感覚を大切にしたいものです。

 

 

 

学校紹介「校長挨拶」はこちらをご覧ください。

 

 

「めざしている」

 校長 平田 理

 

 

 

 新型コロナウイルス感染症が収まるところを見せない中、2学期を迎えました。それでも今年度は昨年度のように始業式を遅らせることなく開始できましたので、感謝なことです。日焼けし、背も伸び、一回り大きくなった児童の元気な顔を見ると、2学期も教育活動を止めることなく無事に終えることができますようにと祈らずにはいられません。

 

 少し前になりますが、本屋大賞受賞作(2015年)で宮下奈都さんの『羊と鋼の森』という作品がありました。若いピアノ調律師が自立していく姿を描いた物語で、後に女優姉妹が共演する映画(2018年)にもなりました。本校でも校内のピアノ調律を定期的にお願いしているので「調律師」という職業にも興味があり「ななめ読み」すると、広島県出身の詩人、小説家で被爆者としても知られる原 民喜(はらたみき 1905-1951)の一文が引用されていて、思わず引き込まれました。

 主人公の外村直樹が先輩の調律師 板鳥宗一郎にこう尋ねる場面があります。「板鳥さんはどんな音を目指していますか。」板鳥は「外村くんは原 民喜を知っていますか。」と言って、「明るく静かに澄んで懐かしい文体、少しは甘えているようでありながら、きびしく深いものを湛えている文体、夢のように美しいが現実のようにたしかな文体。」の一文を引用しました。板鳥は「原民喜が、こんな文体に憧れていると書いているのですが、しびれました。私の理想とする音をそのまま表してくれていると感じました。」と板鳥がめざしているピアノの音について、丁寧に言語化して後輩に伝えるのです。「技は見て盗め」「○○年で一人前」といった職人気質な伝え方ではなく、見つめている先にある目標を「静かに澄んで懐かしい音、厳しくも深い、美しくも確かな音づくり」を目指していると伝えます。文体と調律の違いこそあれ、めざしている領域に「しびれた」ことが伝わってきます。

 

 使徒パウロは「なすべきことはただ一つ、後ろのものを忘れ、前のものに全身を向けつつ、神がキリスト・イエスによって上へ召して、お与えになる賞を得るために、目標を目指してひたすら走ることです」。(フィリピの信徒への手紙第3章13~14節)と興味深い表現で目標の目指し方を記しています。「後ろのものを忘れて・・・目標を目指してひたすら走る」は、ただ単に過去へのこだわりや執着から離れ、全て忘れて前向きに歩みなさい、との勧めでは無さそうです。私たちは過去の蓄積の中で生きており、過去の全てを忘れ、無かったことにはできないからです。

 

 「後ろのものを忘れ」という言葉には、過去の自分にあった失敗や弱さ、苦難、罪の全てをキリスト・イエスに担って頂き、その恵みによってのみ、目標をめざして新しく歩み出せます、という「厳しくも深い」「美しくも確かな」励ましが込められている気がします。

 

 

 

学校紹介「校長挨拶」はこちらをご覧ください。

「どうせなら」

校長 平田 理

 

 

 

 「どうせ〇〇になるでしょ」「どうせダメだって言うんでしょ」「どうせ〇〇だよ」

 子どもたちの口から時折聞かれる「どうせ」発言が気になります。結果はわからないにも関わらず、予想される結果を初めから決まったことのように感じている言葉です。「あきらめ」や「すてばち」な気持ちが根底にあるように感じます。「所詮」「結局」も同様に、自分自身への過小評価や自信の無さ、時には軽蔑的な思いも加わるのでしょう。経過や中途での小さな努力や大切な気づきがあるにも関わらず、消極的で後ろ向きの考え方が優先されるようです。大人でさえも多くの場合、「どうせ」発言の考え方に近づいてしまうのですが、自分に足りない部分を素直に認めて「どうせなら」「せっかくだから」の自分への肯定的な感情を増やせると「予想される結果」は想像を越える良いものになるのかも知れません。勿論、それ以下の結果かも知れませんが、そこに至るまでの経緯、努力、気づき、理解を蓄積できるのではないでしょうか。

 

 イエス・キリストの弟子たちは漁師でしたから、魚を獲ることに関しては知識も経験も豊富でした。ところが群衆に話し終えたイエス・キリストから「沖に漕ぎ出して網を降ろし、漁をしなさい。」と助言された物語(ルカによる福音書5章1~11節)があります。前夜に夜通し苦労して何も得られなかった弟子たちは、当然のことながら「漁師が苦労したにも関わらず漁獲ゼロ」「昼間から漁をする漁師はいない」との思いを抱きました。しかし、「素人の助言」に疑念を抱きつつも「お言葉(せっかく)ですから、網を降ろしてみましょう」と答え、再挑戦します。その結果は想定をはるかに超えた結果(豊漁)であったのです。

 

 この物語は色々な困難や苦労、失敗を「恵まれた機会」「貴重な体験」として、「どうせなら」「せっかくだから」と切り替え、期待した結果が得られなくとも挑戦する姿勢が成長の鍵であることを教えてくれます。自らが設定している限界や既成概念にとらわれ、「どうせ」の思考が貴重な体験や努力の機会を奪っているのかも知れません。

 

 シモン・ペテロは自分の知識や経験という「どうせ」の基準から、イエス・キリストの基準を「どうせなら」「せっかくだから」と、小さな勇気と素直さで受け入れ、直ぐに行動に移したのです。

 それは豊漁という結果ばかりか、彼自身の生涯を決定づける選びにつながりました。

 

 

 

学校紹介「校長挨拶」はこちらをご覧ください。 

< 12 3 4 5 6 7 8 9 >