新着情報 News

校長通信

「闇を照らす光」

校長 平田 理

 

 

 

 新しい一年にはどのような時間が流れ、風が吹き、どんな景色が見えるのでしょうか。

 

 『昼の光に、夜の闇の深さがわかるものか。』今や、国内ばかりか世界的に評価が高い、村上春樹氏のデビュー作「風の歌を聴け」(1979年)に収められている一文です。この小説の時代設定は1970年夏ですから、自らの青春時代が重なり、読後には妙な納得感を覚えた記憶があります。

 確かに、人生には深い真っ暗闇のような時間もあれば、昼の光のごとく、眩いばかりの光あふれる時間もあります。深い「夜の闇」を知らずに生きる人もあれば、暗闇から抜け出せる人も、そこから抜け出せずにもがき続ける人がいることも事実です。更に、暗闇を経験しなければわからないこと、その立場からしか見えない景色や価値もありますから、この呟きは「夜の闇」の深さを言い当てているのでしょう。

 打算、ごまかし、不正直、不誠実、怠惰、ねたみ・・・「夜の闇」は人の核心、人の本性を表現しているのかも知れません。深い真っ暗闇にあるものは普段は見えませんが、時に顔を出し、自分自身を傷つけるばかりか、誰かに痛みを与えるのです。更に残念なことに、この暗闇は大人ばかりか幼い心の中にも、小さな暗い影を落とします。

 

 聖書には「暗闇」を照らす光が登場します。「わたしは世の光である。わたしに従う者は暗闇の中を歩まず、命の光を持つ。」(ヨハネによる福音書8章12節)「わたし」はイエス・キリストです。興味深いことに、ここでは光によって「暗闇が無くなる」のではなく、光が「暗闇」を照らすことで歩けるようになり、進むべき方向を照らすと、示されています。私たちの周囲には暗闇のような、見えない、分からない、抜け出せない問題や時間がありますし、ましてや心中の暗闇は誰にもわかりません。聖書はそれを否定していません。むしろ、その暗闇があることが前提で、光の大切さとその光線によって照らされる結果を示しています。

 「夜の闇の深さ」を理解し、寄り添い、明るくする「昼の光」があるのです。イエス・キリストに従うことで「夜の闇」も光に照らされ、命の光を持つ人生へと変えられていくことが約束されています。

 

 「そのいのちは暗闇の中でさんぜんと輝いていて、どんな暗闇もこの光を消すことはできません。」(ヨハネによる福音書1章5節 リビングバイブル)

 

 

 

 

学校紹介「校長挨拶」はこちらをご覧ください

「クリスマスの喜び」

校長 平田 理

 

 

 

 「ぼくは、クリスマスが近づくとワクワクした気もちになります。なぜなら、クリスマスのおいしいごはんやサンタからのプレゼントをそうぞうすると、とても楽しみになるからです。弟とサンタさんに手紙を書いたりクッキーを作ったり頭の中はサンタさんでいっぱいになります。でも今年はオペレッタをすることができたので、イエスさまのことをいつもよりたくさん考えています。ぼくははかせのやくでイエスさまにプレゼントをおささげしながら一つふしぎに思ったことがありました。クリスマスはイエスさまのおたん生をおいわいする日なのに、なぜぼくがサンタさんにプレゼントをもらうのかということです。本当ならイエスさまのおたん生をおいわいする日だからぼくがぎゃくにイエスさまにプレゼントをおささげする日だと思います。ぼくはイエスさまがよろこびそうなプレゼントをかんがえてみました。それはお祈りや、人に親切にすることだと思いました。世かい中には、お金がなくてクリスマスにごはんが食べられない人がいます。お金にこまっているひとにぼくのおこづかいから少しお金を分けてあげようと思います。ぼくがささげたけんきんでこまっている人がごはんを買えたらいいなとおもいます。ぼくの考えたプレゼントをイエスさまがよろこんでくれたらうれしいです。」(原文まま)

 

 この児童が記したように、クリスマスは多くの人にとって喜びと心温まる季節であって欲しいものです。しかし、児童がこの楽しそうで、温かそうなクリスマスの季節を、飢えと悲しみの中で過ごす人がいるのだということに気づき、その人にも自分が受けた恵みを分けることに喜びを見出し、それをイエス様にも喜んでもらえるか、と思いを馳せる心の豊かさに静かな感動を覚えます。大人でさえ、自分のことばかりに想いを寄せる時代の中にあって、この幼い心は、他者への思いやりと分け与えることにとどまらず、イエス・キリストに心を献げる喜びにまで、心の場所を広げているのです。

 クリスマスの季節に心からの喜びに預かるには、受けることではなく、与えられたものの中から誰かの必要を満たす、キリストにある善意が必要です。与えられた命は全て、自分以外の人から愛され、守られ、関心を寄せられ、存在していることを忘れてはなりません。クリスマスは、私たちひとり一人が愛されていることを感謝し、愛することの喜びを分かち合う時だからです。

『May your days be merry and bright, and may all your Christmases be white. あなたに楽しく、明るい日々が訪れますように、そしてクリスマスが雪になりますように。』 ビング・クロスビー(Bing Crosby, 1903-1977)が映画で歌った、世界的に有名な『ホワイト・クリスマス』(I.バーリン作詞作曲 映画『スイング・ホテル』)の一節です。彼は「クリスマスは自分に与えられた恵みを分かち合う機会としない限り、アラスカにあるすべての雪をもってしても『ホワイト・クリスマス』にはならない、と喜びの秘訣を記しています。

 

 「あなたがたもこのように働いて弱い者を助けるように、また、主イエス御自身が『受けるよりは与える方が幸いである』と言われた言葉を思い出すようにと、わたしはいつも身をもって示してきました。」(使徒言行録20章35節)

 

 

 

学校紹介「校長挨拶」はこちらをご覧ください

「知ると識る」

校長 平田 理

 

 

 

 「観る」と「見る」、「聴く」と「聞く」、「知る」と「識る」等は、同音で似ている言葉ですが、漢字の違いだけではなく、少し異なる意味があるようです。

 

 日常生活や日用品に美を認め、民藝文化を定着させた思想家、柳 宗悦(やなぎ むねよし1889‐1961)は、「見る」と「観る」について興味深い一文を残しています。

 

 『大方の人は何かを通して眺めてしまう。いつも眼と物との間に一物を入れる。ある者は思想を入れ、ある者は嗜好を交え、ある者は習慣で眺める。』(「茶道を思う」1935年)

 

 つまり、本物や本質を見逃したり、曇らせたりする3つのもの、偏った考え方や思考、好き嫌い、怠慢や惰性が、「みえなくする」と言うのです。同じように見えるものでも、昨日と今日では違いが生まれ、受け止め方が変わっているはずにも拘らず、先入観や習慣で捉える傾向があるので、「直かに観る」ことが大切だと説きました。

 ただ「見る」だけに留まらず、外見には表れない、目に見えない価値観や人生観を感じ取ろうと、「観る」姿勢が大切だと教えてくれます。

 

 本来、「知識」とは仏教用語で「ものの本質を見極める営みや見極めようとする人」を意味したと言われます。「善知識(ぜんちしき)」は仏門の高僧を指し、全ての善い事柄は天から授かるもので、その善いことを知り、行う人たちは「知識結(ちしきゆい)」と呼ばれたそうです。

 この視点から「しる」の意味を考えると、「知る」とは表面的なことから得られる情報を「認知」すること、「識る」とは全身全霊をもって受け止め、不可視な領域さえ「認識」しようと試みることでしょうか。

 

 翻って、幼い子どもたちに接する大人の眼は「観えている」でしょうか。先入観や経験に影響され、自分の眼や心を曇らせているものに気づかず、今日の変化や成長に気づかず、子どもたちの本心や真実を「識らない」のかも知れません。

 

 聖書は、『愛には偽りがあってはならない。悪は憎み退け、善には親しみ結び、 兄弟(姉妹)の愛をもって互にいつくしみ、進んで互に尊敬し合いなさい。』(ローマ人への手紙12章9、10節)と、愛に基づいて、善に結ばれ、尊敬と慈しみをもって人に接するように勧めています。

 

 子どもたちが寝静まって、その寝顔を観ながら、「明日は叱らずに過ごせますように。」と祈る親心に、曇りや陰りは無いはずです。

 

 

 

学校紹介「校長挨拶」はこちらをご覧ください

「まなびがい」

校長 平田 理

 

 

 以前、年度も修了間近、いつもの時間にうつむいて登校する児童が気になりました。「どうしましたか?」の質問に体調不良や宿題が終わらない等の答えを予測していたのですが、思いがけない返答がありました。「あぁ~年生が終わっちゃうんです!」どういうことでしょうか「???」「もう少しで楽しかった年生が終わっちゃうんですよ」。楽しかった学年の時間が無くなってしまうことへの残念な気持ちが大きく、浮かない顔をして登校しているのだそうです。

 学校で過ごす時間の大半は教室内での授業やお友達と過ごす休み時間です。この児童はその当たり前のような時間や空間に身を置くことの喜びや嬉しさが失われそうで、悲しんで嘆いていたわけです。

 児童が学校生活で求め、獲得できるものは、知識や情報だけではありません。学校という環境の中で得られる経験、成長、生活の質も含めた全体的な価値としての言わば「まなびがい」なのです。勉強や運動が良くできること、人とは違う何等かの秀でた才能で社会的な肯定感を得ることも大切ですが、自分の居場所があり、価値を共有できる仲間に囲まれていること自体が得難いことで、なんとしても残しておきたい感覚なのかも知れません。

 大人にとっても、単に日毎の糧を得るだけの就労であれば、いったん厳しい状況に晒されると辛い時間だけが増える「苦行」と化していきます。しかし、そこに「働きがい」「やりがい」があるとすれば、何としてもその場に身を置いて、達成感や充実感を得たいと願うのではないでしょうか。給与が高いとか、役職に就くとか、社会的な肯定感を得ること以上に、自らの存在自体を喜ぶ感覚が必要だからです。

 

 「エンゲージメント(engagement)」は、人材育成的な意味合いでは「歯車がかみ合う」という意味も含まれる言葉です。入学直後や学年当初は無造作に配置されたように感じた空間、時間、仲間たちかも知れませんが、歯車がかみ合い、相互に貢献し合う感覚が大切です。換言すれば、誰かと協働することや共感すること、新しい力や方向性を生み出していると感じること、失敗したときの謝り方、傷ついた人への励ましの言葉、赦された時の喜び・・・およそ教科書の学びからでは得難い体験ばかりです。これも「エンゲージメント」なのです。

 

 「まなびがい」は新しいことを吸収する喜びと同様に、自分が他から必要とされ、認められている効力感に支えられている「心の在処」です。

 

 『神の目に偉大な人間を造るのは小さな愛の行為、小さな親切の言葉、小さな自己否定の行為、小さな機会を賢明に生かすこと、小さな才能を勤勉に開発することにある。』(1898年4月21日 「Youth Instructor」Ellen G.White Writings  英文)

 

 

 

 

学校紹介「校長挨拶」はこちらをご覧ください

 

「道の光」

校長 平田 理

 

 

 沖縄県の八重山諸島 石垣島はアオウミガメの繁殖地として有名です。このウミガメの産卵や孵化には不思議なことが多いそうです。ウミガメは大潮と満月が重なる時に産卵のために陸に上がります。ウミガメは眼が悪いので、月光をたよりに大潮の波を利用して、海からできるだけ遠く離れて上陸し、波が届きにくい場所で産卵します。そして波を利用して海に帰ります。およそ2か月後に孵化する時も同様に、満月の前後の夜が多いと言われます。小さなウミガメたちは、やはり海に戻り易い大潮の波を利用し、月光を利用して海を目指すとのことです。ウミガメが、大潮と満月の時に産卵したり、孵化したり、砂から出たりできるのは、満ち潮の波音を聴き分け、月の引力を感じる力を備えていると考えられています。

 

 しかし、残念なことに自然界ではなく、ウミガメが命を落とす危険があります。人間の生活に必要な電気の光です。頻繁に行き交う車のライト、海岸近くの街路灯、信号機、ビーチハウスの光などは、満月の光に勝る明るさで浜辺を照らし、夜間の明るい生活を支えます。しかし、ウミガメにとっては、頼りの月明りを惑わす「偽物の月光」なのです。明るさを間違えて道路を渡り、宅地に近づき、海に帰れずに命を落とすことになります。

 

 携帯電話や情報通信技術の革新は目覚ましく、10年前は「大昔」になるほど、次々と新しいことが溢れてきます。「情報モラル教育」で行動規範やルールを教え、利用制限をかけても、子どもの不適切な利用や問題視されるネット利用は減りません。ICT社会の様々な課題の中にいる子どもには、知識や操作技術(スキル)にも増して、法律やモラルを尊び、社会的な責任を担う「良識ある品性:Dignity」が必要です。ですから、自らの思考と選択で行動の善悪を判断し、適切な行動規範でIoTを利用する、「デジタル・シチズンシップ」を身につけさせたいのです。

 

 度々失敗を繰り返しながら、神様に従い続けたダビデ王は、『あなたの御言葉は、わたしの道の光 わたしの歩みを照らす灯。』(詩編119編105節)と告白しました。如何なる名誉や権力、技術や情報を手に入れたとしても、適切に利用しなければ目的や目標、光を見失います。「道の光」を見失うことは命の危険にさらされることにもつながります。如何なる時にも「命の光」を自ら探し求める子どもが必要なのです。

「命の光」は聖書ではこのように記されています。

「わたしは世の光である。わたしに従う者は暗闇の中を歩かず、命の光を持つ。」(ヨハネによる福音書8章12節)

 

 「不可能」は英語で“Impossible”です。しかし、be動詞の接語形で用いるアポストロフィ を用いたとき、“ I'm possible.”「わたしは可能です」となります。アポストロフィを例えて、私が神様に、天に、委ねることができたら、導きを与えられ、可能となるのです。

 

 三育で学ぶ子どもたちには、このようであってほしいと願っています。

コリントの信徒への手紙Ⅱ 4章18節

「わたしたちは見えるものではなく、見えないものに目を注ぎます。見えるものは過ぎ去りますが、見えないものは永遠に存続するからです。」

 

 

 

 

学校紹介「校長挨拶」はこちらをご覧ください

 

< 12 3 4 5 6 7 >