新着情報 News

校長通信

「共励 たがいにはげます」

 校長 平田 理

 

 

 

 5月に入り、恒例の運動会に向けて様々な練習が始まり、夫々の学年毎に、全体でも熱心に取り組んでいます。特に学年種目では互いに励まし合い、声をかけ合って練習しています。厳しく、否定的な言葉が飛び交うこともありますが、「大丈夫!大丈夫!」「それでいいよ」「うまいうまい」「もっとできるよ」と励ます言葉が多く聞かれ、和やかな空気が流れています。子どもたちに手を振りながら、遠目に眺めて楽しんでいます。

 

 「縁上回:えんじょうかい」耳慣れないこの言葉は脳内の領域を示す名称で、頭頂葉と側頭葉のつながるところにあります。頭頂葉の働きは膨大ですが、「ものを知り、ものに働きかける、他者を知り、やりとりする、自己を知り、未来の行動や計画に生かす」働きを司っているそうです。更に興味深いことに、この領域には、誰かに共感を示さずに自己中心的になるとその是正を促す機能までも、「生来的に備えられている」というのです。

 

 「他者を知り、向き合う力、他者の立場を理解しようする力」、いわゆる「共感力」は、家族とのやりとりや集団生活での経験によって学ぶ、社会心理的な力ですが、脳神経に備えられている機能を刺激し、呼び覚ます力とも言えそうです。

 また脳内では、誰かが痛みを感じている様子を観ていると、自分のことのように痛みを感じる、「情動伝染」と呼ばれる現象が起こることが知られています。最近では東京大学定量生命科学研究所の奥山輝大准教授らの研究グループ(英国科学誌Nature Communications 2023)によって、「自分と他者の感情の情報を同時に持って表現する神経メカニズム」の存在が確認されています。言い換えれば、「自分と他者の感情の境界が無くなる状態」にする細胞が「誰かをわかろうとする力」を生み出していそうです。

 

 私たちの大脳に備えられた「共感力」は、脳の働きを実際の行為に至らせるために、欠かせない働きも担っているようです。分子発生生物学者 ジョン・メディナ博士(米国ワシントン大学医学部生体工学科)によれば、「脳は生存を第一目的として働いているので、他者との関係を必要としています。」「生きるため」に脳が備えている機能が発育・発達するには、誰かとの関わりが必要なのです。

「ですから、あなたがたは、現にそうしているように、励まし合い、お互いの向上に心がけなさい。」(テサロニケの信徒への手紙一 5章11節)と、聖書は勧めるのです。

 

 

 

 

学校紹介「校長挨拶」はこちらをご覧ください

「こころをうごかす」

 校長 平田 理

 

 

 

 

 2024年度学校年間目標を『心から 感・謝 するこども』~心を動かし、喜びを広げる:Harvest Thanksgiving all year around~としました。

 「感謝」とは、神様から受けた恵みや、他者からの厚意に「ありがたい」と思うことやその気持ちを相手に伝えることです。感謝を伝える言葉「ありがとう」はお礼の気持ちを表わし、「有り難い」ことへの謝意と言われます。「感」の字には「心が動く・動かされる」の意味が含まれ、感動、感謝、感心などに使われます。同じように「謝」にも「礼を言う」の意味があり、謝意、謝礼、深謝などにも使われています。感謝は、自分の心の中に喜びや嬉しさが湧きあがった時に生まれる「ありがたい気持ち」です。厚意や親切、恵みや慈しみなどを嬉しい・喜ばしいと感じ、「心を動かされた」ことの表現に「ありがとう」の言葉や表情を添えて感謝を伝えるのです。

 

 私たちの日常には感謝すべきことが溢れていますが、それに気づかずに過ごし、忘れてしまうことさえあります。平和な時間、安穏な生活の中では「当たり前」が増え、実は「当たり前」が特別なことで、有難いことだと感じなくなります。

 

 神様は私たちの将来に対する希望や期待を抱く心を創ってくださり、そのように「心が動く」ように備えてくださっています。しかし、時に私たちの心は鈍くなり、他者を慮る心が備えられているにも関わらず、周囲を見渡せず、あたかも心や神経が機能しないかの如く、「自分ばかり」の時が流れてしまうことが増えるのです。

 

 「心を動かされ」不平や不満、妬みや怒り、不安と恐れに心が支配されることもありますが、神様のみ言葉を心に招き、知恵を用いて諭し合う時、再び喜びと希望を抱く心へと引き戻され、心の源が神様の愛で満たされるのではないでしょうか。心に満たされた真の喜びと平安は湧き水のように周囲に広がり始めるのです。

 

 子どもたちひとり一人が、誰かの心に働きかけ、感謝と喜びを広げられるようにと願っています。小さな感謝を感じ、集め、蓄えていけるようにと祈っています。

 新しい一年間の中心的な聖書の言葉は、「希望の源である神が、信仰によって得られるあらゆる喜びと平和とであなたがたを満たし、聖霊の力によって希望に満ちあふれさせてくださるように。」(ローマの信徒への手紙15章13節)です。

 

 

 

 

 

学校紹介「校長挨拶」はこちらをご覧ください

「すくすくと成長する」

 校長 平田 理

 

 

 

 

 本校のような小さな学校にもグローブを届けてくれた米国野球大リーグの大谷翔平選手は、怪我からの回復期にも関わらず、2024年も活躍し注目を集めそうです。


 今年は更に大谷選手の母校、花巻東高校から、名門スタンフォード大学(正式名:リーランド・スタンフォード・ジュニア大学。カリフォルニア州)に進学し、米国での学業と野球に挑戦する佐々木麟太郎選手の今後にも注目したいと思います。


 スタンフォード大学は米国のみならず世界的にも注目される大学です。研究や学問的な高水準は言わずもがな、美しいキャンパスや多彩な才能や個性をもった学生を世界中から集め、「憧れの大学」として知られます。このスタンフォード大学の合格通知にある一文は、”A place you can learn, grow, and thrive”「大学はあなたが学び、伸び、成長できるところ」と、新入生を励まします。「Thrive」は「植物がすくすくと成長する様」を意味する言葉です。


 創設者のスタンフォード夫妻の早逝した一人息子の名前が大学名とされたことからも、夫妻の息子リーランド・ジュニアへの想いと同様に、若い学生たちへの熱い思いと願いが「thrive」に込められているように感じます。


 鉄道事業で成功したスタンフォード氏とジェーン夫人は一人息子の教育に熱心で、機会あるたびに国内に留まらず欧州を旅行し、芸術や文化、歴史に触れさせる機会を与えました。夫妻と息子の様々なコレクションは大学創設と同時に個人博物館を開館させるほどで、15歳で亡くなった息子の遺志を後世に伝えたいとの思いと次世代教育への熱い願いがありました。
 また、夫人は、「大学の最も大切なものは、あなたたち学生です。・・・特に学生一人ひとりに親のような愛情を感じています。」「この地球上の生活で自信をもって言えるのは、わたしに遺されているものは、スタンフォードの学生たちから受ける愛と祈りに尽きます。」と、のちに記していますから、如何に学生たちひとり一人を愛し、心から支援したいと望んでいたかがわかります。


 夫々のご家庭に生まれ、育ち、三育で学んでいる子どもたちにも、スタンフォード夫妻と同様の想いと願い、愛情が注がれていると信じます。神様によって、ひとり一人に個性が与えられ、その歩み一歩一歩が守られ、希望に満ちた未来が備えられ、「すくすくと成長している」ことを感謝致します。


人間の心は自分の道を計画する。主が一歩一歩を備えてくださる。」(箴言16章9節)

 

 

 

 

 

学校紹介「校長挨拶」はこちらをご覧ください。

「心の貧しい人:豊かさを知る」

校長 平田 理

 

 

 

 ある裕福なご家庭のお話です。

 両親は子どもたちに物心両面で、何不自由なく過ごすことができるように腐心し、あらゆる領域の教育にも熱心に取り組んでおられた様子です。ある時、本当の理解に至るには、やはり体験的な学びが大切と考え、自分たちが如何に恵まれ、豊かな生活ができているかを知る旅行に出かけました。最貧国と言われる国々町々に滞在し、農家でも数日間過ごし、旅行を振り返りながら質問しました。
「どうだった?豊かな生活が当たり前になっているけど、貧しい人たちは大変な生活をしているって、よくわかったでしょ?」

子どもたちは

「うん、よくわかったよ。」

「どんなことがわかったんだい?」

「僕たちの家にはトイプードルが1匹。あの人たちの家には犬が5匹、猫も5匹、ウサギとニワトリと牛と馬もいたよね。家にはプールがあるけど、あそこのきれいな川と滝は最高だった。家では夜になると電気がついて便利だけど、あそこでは月明かりと見たことが無いようなきれいな星空で光ってた。うちの冷蔵庫にはたくさんの食べ物が入ってるけど、あの人たちは野菜や果物、たくさんの作物をつくって食べてた。家には安全のためにおおきなフェンスがあって外から見えないけど、あのひとたちは鍵もかけないけど、お隣さんが見守ってくれてるって。家には大きな50型のスクリーンがあるけど、あの人たちは夜遅くまでお友達と話して楽しそうに笑ってたよ。」

「おとうさん、おかあさん、旅行はとっても楽しかったよ。・・・そして、うちは結構、貧しいんだって良くわかったよ。」

両親は絶句しました。
 この旅行の目的は十分に伝わりました。本当の豊かさは物質的な豊かさだけでは無いこと、感謝と喜びをもって生きること、思いやりや親切が人を繋ぐこと、心を満たすものによって豊かさの意味が変わることを学ぶ旅行になったのです。


 豊かさを享受して久しい日本は、本当に豊かな国、豊かさを備えた人として生活できているのか疑問に感じる時があります。いとも簡単に人の尊厳や命が脅かされ、あらゆる権威や権利が揺らぐ時代を生きている子どもたちには、真の豊かさを知る人として生きて欲しいと願います。


 聖書は「心の貧しさ」(マタイによる福音書5章3節)に気づき、受け入れるように説きます。

 心の貧しさとは、自分の弱さと虚しさを認めることです。心の豊かさにつながる愛、憐み、寛容、情けに乏しいことを認め、本当の豊かさを与えて頂きたいと願うことなのです。更には、貧しさを知る人に「天国はその人たちのもの」だと約束されている、だからこそ「幸い」なのです。

 

 

 

 

学校紹介「校長挨拶」はこちらをご覧ください。

「感謝と喜び:身にまとうもの」

校長 平田 理

 

 

 

 

 新しい一年を迎えましたが、早々に自然災害や航空機事故が続き、多くの皆様の悲しみと痛みが増えてしまいました。被災者やご遺族には慰めと励ましを、支援や救援の任務に就く皆様の健康と安全を祈らずにはいられません。

 更に全てにおいて明るい兆しを探し、多くの皆様が、社会が、世界が感謝と喜びの光を受けられるように心から願います。

 

 和装(着物)は日本の伝統文化の一つです。「少なくとも1800年間も着られた民族衣装」とのことですが、現在、素晴らしい文化遺産としての魅力や支持はあるものの、日常的に利用される方は少ないです。帯締めや衣服管理に時間と手間がかかることや、明治以降の生活様式の激変が敬遠される最大の要因でしょうか。しかし、成人式や結婚式の礼装や正装、更には喪服(不祝儀)として特別な機会に着用されますし、袴や白無垢、黒留袖や振袖などの形(袖の長さ)や色づかい(模様や紋)で特別な意味を含ませるのが和装でもあります。更にお正月の晴れ着や夏場の浴衣は風物詩ですから、着用している人自身の気持ちも然ることながら、その場や空間に少なからず影響を与えます。

 

 一方でまとっている人の雰囲気や仕草も気になります。衣服が醸し出す空気感も大切ですが、着物に込められた意味に相応しい姿勢や態度を身に着けておかなければ、外見ばかりの「借りてきた衣装」になりさがります。

 翻って、自分の醸し出す雰囲気や生活態度が周囲に与える影響は如何なるものでしょうか。聖書にはキリストに倣う人の日常生活の指針が、使徒パウロによって具体的に記されています(コロサイの信徒への手紙3章12~17節)。

 わたしたちは、先ず神様に選ばれ、愛されているのですから、憐れみの心、慈愛、謙遜、柔和、寛容を身に着け、キリストが模範を示して下さったように、忍び合い、赦し合い、すべての絆の源である愛を身に着けよ、と勧められています。人はひとりで雰囲気を醸し出してみたところで、自分の存在意義を見出せません。他者が受け入れ、感じ、認められることで初めて肯定され、人と交わることによって教え合い、諫め合い、励まし合い、絆を結び、関わりを深めるからです。

 人は祈ることが許されていますから、どんな時にも「感謝の念を抱き」、キリストの言葉を「喜んで実践」できれば、周囲に良い影響を広げるばかりか、「あらゆる人知を超える神にある平和が・・・心と考えを守る」(フィリピの信徒への手紙4章7節)と約束されています。

 

 「感謝と喜びをまとう子ども」たちの成長を応援する一年にしたいものです。

 

 

 

 

学校紹介「校長挨拶」はこちらをご覧ください。

< 12 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 >