新着情報 News

校長通信

「1+1=?」

校長 平田 理

 

校門で挨拶をしておりますと、明るく元気な挨拶と共に、楽しいつぶやきや気になる発言、時に難問、奇問が飛んできます。

1月のある朝、

「先生、おはようございます。さて1+1=?」

「えっと~、田んぼの田かなぁ?」

と昭和的ボケで応答すると、児童は「???」の表情。

「では、大根おろし1杯と大根おろし1杯を足すと?」

と言い換えての質問です。こんどはこちらが「???」。児童は得意そうに、

「1杯と1杯を合わせれば、1杯でしょ?」

「なるほど1杯かぁ。」

と感心して返答すると、満足そうな表情です。

「ごはん1杯とおかわりを足すと?」と切って返すと、

「あっ!それもだなぁ。」と納得して校門を入って行きました。

 

臨床心理学者 アルバート・エリス(1913-2007)が説いた有名な、「ABCの理論」があります。Bの「その人の受け止め方」次第で 、Cの捉え方や見え方、すなわち「結果」としての「受容」が全く変化するという考えです。

 

A=Activating Event  外部で起こる、避けられない、出来事

B=Belief        その人の受け止め方や信念、考え方

C=Consequence    様々な関係や原因から導かれる、結果

 

理論的には「1+1」は物や事柄が倍になるのですから、適切な答え「2」が導き出されるのが科学的です。しかし、考え方としてご飯や大根おろしなどに代表される、合わさると再び「ひとつ」になる事柄や物、考え方は存在しますし、むしろそのように考え方、受け止め方に「ゆとりと柔らかさ」があることが、多様性や独自性に富んだ視線を生み、更に新しい何かを生み出す可能性を秘めているのです。誰かの悪口や噂話、自分自身に対する視線や評価は「B」如何で変容するのです。単なる中傷や誹謗として受けるのか、助言や刺激と捉え、新しい感覚や価値を創出し、自分ばかりか周囲にも共有していくのか、「A」のその後を大きく左右するのは「B」の捉え方ではないでしょうか。

 

「実に、キリストはわたしたちの平和であります。二つのものを一つにし、…敵意という隔ての壁を取り壊し、…一人の新しい人に造り上げて平和を実現し…。」(エフェソの信徒への手紙2章14,15節)

とあります。「敵意」に対する「敵意」が重なることで平和が生み出されることはありませんが、「B」にキリストの介入があることで、全く新しい価値である「平和」がもたらされるのです。

 

「平和を実現する人々は、幸いである、その人たちは神の子と呼ばれる。」(マタイによる福音書5章9節) 子どもたちが平和を創出し、周りにいる人々にその平和を分かつ者として成長してくれることを願っています。

 

学校紹介「校長挨拶」はこちらをご覧ください。

 

 

 

学校見学について

 本校では説明会や見学会としてではなく、日頃の様子を見ていただきたく、ご希望の方には随時、見学は個別(学期中平日午前中10:30~12:00。授業参観含む)に応じております。お子様も同行していただけます。またお車でご来校の際は校庭にお停めいただけます。日程をご相談させていただきますので、ご遠慮なくお電話でお申し込みください。

「今日も、はじまりの日」

校長 平田 理

 

 2016年ノーベル文学賞を受けたボブ・ディラン氏(1942年-Robert Allen Zimmerman)は「Forever Young」という自曲の中で『真実を見る勇気をもって欲しい、人にして欲しいことを人にもできるようになって欲しい、時流に流されるのではなく流れを生み出し、誰かと協力的に生きて欲しい』と歌いました。周囲からうける反骨精神の歌手代表のような評価とは異なり、息子ジェイコブが健やかに育って欲しいとの願いを込めた「1人の父親」としての歌です。

 

 米国ミネソタ州で、ユダヤ系家族に生を受け、感受性豊かに育った彼が紡ぎだす音楽は、時に時代を映し出し、時に抗うかのようですが、音楽を愛する世界中の人に、また生業として音楽を志す人に、とりわけ歌詞と独特の歌唱方法で刺激と示唆を与え続けています。

 

 10年前に出版された「Forever Young はじまりの日」(2010)は、この「Forever Young」をモチーフに新しい翻訳詞と素敵な絵を加えた絵本です。「Forever Young」を「はじまりの日」と翻訳したことは、アーサー・ビナード氏(Arthur Binard1967-)の名訳だと感じました。しかし、この歌詞の中で、父親としての強い願いを込めたであろう一節、「May God always bless you and keep you」(神様がいつも君を祝し、守ってくださるように)が訳されていないことは、意図的なものだとしても残念です。それは音楽家というより、ひとりの親としての切なる祈りではないかと感じるからです。歌詞にもあるように、人生には様々な艱難辛苦もあれば、順風満帆の日もあります。歌に流れている主張は「流されて生きるよりは、独りを恐れずに楽しみなさい」「1人よりは助けてくれる誰かが必要」そして、「たとえ皆に見捨てられても、神様はいつもそばにおられる」と伝えたかったのではないでしょうか。だからこそ、新しい一日を「今日もはじまりの日」として、若々しく生きて欲しいと応援したのです。

 

『主の慈しみは決して絶えない。主の憐れみは決して尽きない。それは朝ごとに新たになる。…主に望みをおき尋ね求める魂に 主は幸いをお与えになる。』

(旧約聖書 哀歌 3章22節~25節)

 

 2020年の新しい年も、子どもたちと共に、日々変わることのない神様が私たちと共にいて、決して尽きることのないお恵みで充たしてくださることに感謝する一年でありたいと思います。

 

 

学校紹介「校長挨拶」はこちらをご覧ください。

 

 

 

学校見学について

 本校では説明会や見学会としてではなく、日頃の様子を見ていただきたく、ご希望の方には随時、見学は個別(学期中平日午前中10:30~12:00。授業参観含む)に応じております。お子様も同行していただけます。またお車でご来校の際は校庭にお停めいただけます。日程をご相談させていただきますので、ご遠慮なくお電話でお申し込みください。

 

「ひさしくまちにし」

校長 平田 理

 

 そこかしこにクリスマスの飾りつけが施され、ひと時、多くの皆様がキリストの誕生を祝う季節が訪れています。

 12月1日(日)、本校ではクリスマス礼拝を行いました。

 音楽クラブのトーンチャイム、1~2年生は降誕オペレッタ、3年生以上は暗唱聖句と讃美歌をもって礼拝しました。

 

 イエス・キリストは神様でありながら、人の子としてこの世に誕生されました。それはキリストご自身が十字架にかけられるためであり、私たちへの驚くべき愛ゆえです。私たちを愛してくださっているので、ご自分の命をも惜しまれなかったのです。

 ヨハネによる福音書 第3章16節には、

「神は、その独り子をお与えになったほどに、世を愛された。独り子を信じる者が一人も滅びないで、永遠の命を得るためである。」

とあります。

 児童の保護者の皆様、ご来校くださった多くの方々と共に、クリスマス礼拝としてキリストの愛を分かち合うことができ、感謝しました。

 

 クリスマスに因んだ絵本をご紹介したいと思います。

 グリンチは大泥棒です。盗めないものは何もないと思っていました。しかし、クリスマスの季節に街が華やぎ、人々が楽しんでいることが赦せませんでしたので、何とかして困らせてやろうと企みました。グリンチはクリスマスプレゼントや飾りつけ、楽しげな音楽や食べ物を全て盗み出しました。しかし、街の様子をのぞいてみると、人々は楽しげな声で歌い、子どもたちは歓声をあげているではありませんか。クリスマスに関わる物は全て持ち出したはずです。グリンチはさらに近づいて耳をそばだてました。確かにプレゼントはなく、飾りつけもなく、華やかな食事もありませんでした。しかし、子どもたちはキャロルを歌い、大人はそれを楽しみながら、聖書を広げて幼子たちに読み聞かせているではありませんか。

グリンチは盗み出せないものがあることを悟ります。

 

 また、讃美歌「ひさしくまちにし」は15世紀から歌い継がれている歴史のある讃美歌です。「O come, O come, Emmanuel(ひさしくまちにし、主よとくきたりて)」と歌われるヘブル語『Immanuel インマヌエル』は、聖書(旧約聖書 イザヤ書 第7章)に著された「キリスト」を示し、「神はわれとともに」との意味があります。

 

 クリスマスの本当の喜びは、物質的なものではありません。イエス・キリストを心に宿し、イエス・キリストの生誕を心から喜び、家族や親しい人との時間に感謝し、キリストの愛と平和を分かち合い、キリストによる救いを感謝する時として過ごすことにあります。

 

 全てのご家庭の皆様に、Merry Christmas!

 

※グリンチは、Dr.スース(Dr. Theodor Seuss Geisel)の絵本からの創話です。

 

 

学校紹介「校長挨拶」はこちらをご覧ください。

 

 

学校見学について

 本校では説明会や見学会としてではなく、日頃の様子を見ていただきたく、ご希望の方には随時、見学は個別(学期中平日午前中10:30~12:00。授業参観含む)に応じております。お子様も同行していただけます。またお車でご来校の際は校庭にお停めいただけます。日程をご相談させていただきますので、ご遠慮なくお電話でお申し込みください。

 

「紅蜜芋」

校長 平田 理

 

 現在の5年生が1年生の時に書いた薩摩芋の観察記録に(原文)、

 「さつまいもがすごいよ。さつまいもになればいいことだよ。さつまいもがすごくいい。」

とありました。

 

 6月初旬に1~2年生が校園に薩摩芋の苗差しをしました。今年は幸いにも比較的新しい品種「紅はるか」(農林64号)と、関東圏で店頭によく並ぶお馴染みの「紅あずま」(農林36号)の2種類の苗を手に入れました。天からの恵みである雨と日差しを受けて、スクスクと蔓を伸ばし成長しました。猛暑の時には朝に夕に水をまき、汗だくになりながら雑草取りに励み、そして11月、快晴の秋空の下、1~2年生が収穫しました。丸々と太ってずっしりと重い薩摩芋は、昨年以上の大豊作で、子どもたちは大喜びでした。

 

「紅はるか」は別名「紅蜜芋」。しっとりと瑞々しいので、焼き芋にしても蒸かしても、多くの方が「甘くて美味しい」と感じます。元は同じ系列のお芋ですが、従来のものよりも「はるかに甘い」お芋として知られています。

薩摩芋は収穫直後よりも、適温保存され、余分な水分を除くことで更に「甘くて美味しい」お芋になります。児童の学びや成長にも時間と出逢いが必要ですし、人としての「味わい」も熟成される期間が必要であり似ています。子どもたちの心の中に本当に必要な「甘味」が蓄えられ、どなたかのためにもその「甘味」が必要とされますように祈ります。

 

聖書には、「あなたのみ言葉は…蜜にまさってわが口に甘いのです。」(詩編119編103節)とあります。

 

「さつまいもになればいいことだよ。」私もそう思います。

 

 

学校紹介「校長挨拶」はこちらをご覧ください。

 

 

学校見学について

本校では説明会や見学会としてではなく、日頃の様子を見ていただきたく、ご希望の方には随時、見学は個別(学期中平日午前中10:30~12:00。授業参観含む)に応じております。お子様も同行していただけます。またお車でご来校の際は校庭にお停めいただけます。日程をご相談させていただきますので、ご遠慮なくお電話でお申し込みください。

 

『「眞理ヲ考究ス」る』

校長 平田 理

 

 「わたしの目にあなたは価高く、貴くわたしはあなたを愛し」(イザヤ書 第43章4節)と聖書に示されているように、三育教育は一貫して、子どもたち一人ひとりが神様から愛されている、かけがえの無い、大切な存在であることを説き続けています。神様からの無条件の愛と、大切な家族や他者からの親愛によって支えられている人生を過ごしてほしいと願っています。

 しかし、世界規模での変革が急速に繰り返され、多種多様な価値観が混在する中にあって、確固たる自分を保ちながら生きることは容易ではありません。それでも、未来を担う子どもたちには、イエス・キリストが模範を示されたように、他者を受け容れ、協調し、自分のことばかりではなく、「誰かのための自分」を生き、周囲や社会をより豊かな世界に導こうと献身し続ける存在であってほしいのです。

 本校の校訓は、次の聖書のことばからです。

「だから、何事でも人々からしてほしいと望むことは、人々にもそのとおりにせよ。」

(新約聖書 マタイによる福音書 第7章12節)

 またミッション・ステートメントは、

 「わたしたちは、神さまに愛されている人として、互いに愛し合い、互いの必要に応え、世界のどこにいっても平和をつくり出し、神さまの栄光を現すために共に学び、働きます。」としています。このミッション・ステートメントは、教職員だけでなく、子どもたちも毎朝声を合わせて唱和しています。

 与えられた命を互いに尊び、無二の存在として認め、『神に依り頼み、人に寄り添って生きる人物』を育て、世に送り出すことは、三育教育創設以来、いつの時代にも掲げられてきた建学の主意でもあります。

 

 本校は今年、神さまのお守りとお導きの中、様々な苦節を乗り越えて、節目の時を迎えました。1915年9月、桃井尋常小学校分教場(天沼教会・東京府豊玉郡杉並村)として産声を上げた小さな教会学校は、1919年に「天沼学院初等部」へ改名して100年、第二次世界大戦中は閉校を余儀なくされましたが、戦後の1949年に「天沼教会小学校」(1956年に東京都練馬区関町南に移転・「東京三育小学校」に改称)として再開校してから70年の歴史を刻みました。多くの保護者様、近隣住民の皆様のお支え、関係者の皆様の献身的な祈りとお働きによって、現在を迎えていますことは感謝に堪えません。

 本校の前身である1898年の「和英聖書学校」の「設立の主意」には、「其天啓ノ眞理ヲ廣ク世界ニ紹介スル・・・聖書ハ実ニ世界文明ノ先導者ニシテ文明ト聖書ノ教理トハ相連系シテ離レベカラザル」もので、『「聖書ノ眞理ヲ考究ス」る』ことが本校の設立目的であると掲げられています。わたくしたちは、多くの先達がこれまで積み重ねてきた尽力と研鑽同様に、永遠に至る『「眞理ヲ考究ス」る』教育を継承しつつ、神さまから愛されている存在として、世界のどこに行っても平和をつくり出し、共に学び、働く人物を、これからも社会に送り出し続けたいと思います。

 9月21日(土)には、本校グレンジャーチャペルにおいて100周年/70周年記念礼拝をお捧げしました。順境の時は勿論の事、困難な時にも、神さまがわたくしどもの教育の歴史の中に常に恵み深く働いてくださり、多くの子どもたちの学び舎として継続させてくださったことへの感謝と、喜びで充たされました。

 神さまから与えられた輝く個性と才能を、将来の希望と計画に用いるために、備え、学ぶ「三育」の子どもたちを、これからも祈りと、イエス・キリストがしめされた愛をもって育ててまいりたいと思います。

 

 

学校紹介「校長挨拶」はこちらをご覧ください。

 

 

学校見学について

本校では説明会や見学会としてではなく、日頃の様子を見ていただきたく、ご希望の方には随時、見学は個別(学期中平日午前中10:30~12:00。授業参観含む)に応じております。お子様も同行していただけます。またお車でご来校の際は校庭にお停めいただけます。日程をご相談させていただきますので、ご遠慮なくお電話でお申し込みください。

< 12 3 >