新着情報 News

校長通信

「努力はセパレートコース」

校長 平田 理

 

 

 

 感染症予防の観点から、長期間にわたり学校活動も様々な制約を受けてきましたが、諸活動も行事も、少しずつ慎重に戻しているところです。

 

 5月には保護者の人数を限定して運動会を実施しました。2年ぶりに参観していただけた運動会となり、子どもたちは大いに張り切り頑張りました。

 さて、運動会の練習では、上級生や教職員の指示に従いつつ集団行動や種目練習を繰り返したり、セパレートコースの走り方を覚えたり、下級生たちも一生懸命に走り、運動会に備えました。

「○○くん、ガンバレ~!」「△△さん、すごい、すごい!」「いいぞ、いいぞ!」の声援に背中を押されるかのように懸命に走ったり、跳んだりする子どもたちは健気で、熱中する姿は素晴らしいです。眼の前にあるコースの中を、線からはみ出さずに全力で走ることは、下級生にとっては中々大変な種目です。競うのですから、誰かとの勝ち負け(速い遅い)の比較も大切ですが、自分の力を最後まで使い切るかがもっと大切です。以前よりは走り方が上達したり、タイムを縮められたりすること、言わば過去の自分との比較から成長と喜びを感じる体験こそが、次の学びへの原動力なり、本当の意味で「たいへんよくできました」につながるのです。

 

 子どもたち一人ひとりの「努力はセパレートコース」です。ある集団内で個人の力をはかるには、順位や比較がわかりやすいのですが、結果から導かれた数値的評価のみで子どもたちの力や成長を表すには限界があります。学習や諸活動での小さな気づきや成長、本人なりの努力や工夫が数値のみの評価では埋没してしまいます。去年は跳べなかった回数や走れなかった距離や時間、わからなかった問題や書けなかった漢字・・・夫々の子どもたちが、できなかったことができるようになり、わかるようになったことを「いいぞ!」「それでいい!」と励まし、様々な可能性を伸ばせるように応援し、導く学校と家庭でありたいものです。

 

 使徒パウロは、「それだけではなく、患難をも喜んでいる。なぜなら、患難は忍耐を生み出し、 忍耐は錬達を生み出し、錬達は希望を生み出すことを、知っているからである。 そして、希望は失望に終ることはない。」(ローマの信徒への手紙5章3~5節上句)と、神様から頂く栄冠への希望を述べていますが、日々の努力を重ねている人にも勇気を与えてくれます。子どもたちが出会う問題は必ずしも喜ばしい結果につながることばかりではありませんが、乗り越えるための忍耐や努力は必ず「希望」へとつながるのです。

 

 

 

学校紹介「校長挨拶」はこちらをご覧ください。 

「図頭力:図で考える力」

校長 平田 理

 

 

 

 自動車会社の現場から出てきた「見える化」という言葉が、一般社会にも広く認知されています。「見える」に「化」を付けただけにも関わらず、様々な課題や問題点を、分かり易い図説や単純で明快な言葉で「わかりやすく」することを意味します。そればかりか、課題や結果と共に「過程」にも光が当たり、「周辺部署での仕事の方向性や作業の効率化に大きな影響を与えた」とのことです。

 

 筑波大学の平井孝志先生(ビジネスサイエンス系教授)に依れば、簡易なものでも図を描くことによって「見えない」はずの思考や論理を「見える」ようにできるというのです。単純な図や絵を使って「考え」や「思い」を可視化することで、漠然とした過程を整理できますし、中心思想、重点課題、主軸となる作業を明確化できます。更に、漏れていること、矛盾や弱点、改善できることも浮上させるのだと言います。

 

「AI時代」においても、抽象化思考は大切ですし、「図を使って考える力:図頭力」を身に着けることで、AIにできない事柄や苦手な領域にも「創造力」を発揮できると言われています。図や絵を描くには、物事全体を見渡すと共に、細部にも目を配る観点が求められます。複雑なものを単純化する感性が必要ですし、単純なものを組み合わせ、アブダクション(abduction:仮説や推論を具体化すること)を繰り返して新たな観点を生み出すこともあります。

 AIや工業技術がどんなに進歩したとしても、新しいことを創造する力、仮説と仮説を統合するような力は人間にのみ与えられた素晴らしい才能の一つですから、大いに生かしたいものです。

『おもてなし:ホスピタリティー』は、他者の気持ち、仕草や表情を観察し、察知し自分事のように接する「接遇の精神」を意味しますが、相手の立場や思いに近づいて、どうにかしてあげたい気持ちを行動に移すことで、まさに「図頭力:図で考える力」が必要です。

 

『人々に、次のことを思い起こさせなさい。・・・すべての善い業を行う用意がなければならないこと、また、だれをもそしらず、争いを好まず、寛容で、すべての人に心から優しく接しなければならないことを。』(テトスへの手紙 3章1,2節)

 

 聖書も、人に与えられた創造力、分析力、統合力を駆使して善い業に備え、すべての他者に優しく接するように説きます。

 

 

 

学校紹介「校長挨拶」はこちらをご覧ください。

「ごめんね」と「いいよ」

校長 平田 理

 

 

 

 紅潮した顔が「ぼくは〇〇にこんなことを言われて悔しかったんだ」と訴え、神妙な顔からは「だって、△△からこんなことをされたんだ」との説明です。授業中に言い合いになった2名が「相談するため」に座っています。

 殆どの場合、双方に何らかの問題があり口論や対立に発展します。「どちらが先に仕掛けたか」は解決の糸口にはなりますが、水掛け論になる可能性があります。少しずつ冷静になってきたところで「どうしたらいいと思いますか?」とそれぞれ尋ねると「言わなければよかった」「あやまればよかった」と自分たちの中に、既にある解決の言葉を口にします。二人とも失敗のきっかけに気がついているのですが、何かが邪魔をして「ごめんね」と「いいよ」にたどり着けません。

 

 ドイツ系ユダヤ人哲学者、思想家 ハンナ・アーレント(Hannah Arendt 1906-1975)は、戦時下において民族浄化という極限の状態を生き抜いた体験をしています。彼女は『人間の条件』という著作の中で、問題を解決させるには2つの手段、「懲罰を与えること」と、正反対に「赦しを与えること」があるが、「懲罰」では問題の根源的な解決をもたらさないとの趣旨を記しています。何らかの出来事によって他者との関係が崩れた時、特に「不正な行為」によって大きな犠牲や負担を強いられた場合、「復讐」や「懲罰を与える」ことに解決の糸口を見いだそうとしますが、多くの場合苦しみます。なぜならば、知らず知らずに行ったことや間違えてしまった「行為」にどれだけ報復や罰を与えても、「行為」をなかったことにはできないからです。

 更にアーレントは、ルカによる福音書にある物語(7章36~50節)を引用して、イエス・キリストが「赦しを与えること」で問題を解決する新たな手段を示したと述べています。

 

 キリストが説く「赦し」は、内面的な浄めを含んだ罪からの解放、「神様からの赦し」を意味します。人は生きている以上、何らかの失敗や過ちを繰り返します。その結果を変えられないとすれば、それを担い続けねばなりません。残念ながら、人間の赦しには明らかに限界があります。

 心からの悔い改めと新生を願った罪多い女性の「ごめんね」に対して、キリストの「あなたの罪は赦されている」(ルカによる福音書7章48節)との言葉は、神様の愛に基づいた「いいよ」として、女性を大きく変えたのです。

 更に「安心していきなさい」(同7章50節)は「変えられない結果」や「赦されない過ち」の呪縛からこの女性を解き放ったことでしょう。

 

「赦されることの少ない者は、愛することも少ない。」(ルカによる福音書7章47節)

 これは真理です。

 

 

 

学校紹介「校長挨拶」はこちらをご覧ください。

「夢がかなわなくても」

校長 平田 理

 

 

 

 「先生、夢がかなわなかったことありますか?」「もし、夢がかなわなかった時の神さまの答えってありますか?」児童からの質問に驚きました。「難しいですが、良い質問です」と答え、果たして、児童の求めていた質問に答えられたかはわかりませんが、自分を顧みる機会でもありましたので、一緒に聖書を調べる時間を持ちました。「願いが全て叶う人生はあるのかな?現実を考えればわかるでしょう?」といった「大人の返答」だけは避けられました。

 

 少し昔の絵本を想い出しました。「三本の木(The Tale of Three Trees)」アンジェラ・エルウェル・ハント著(1989/2003邦訳)をご存知の方もいらっしゃるでしょう。

 

 ある山に夢をもった小さな木が植えられていました。1本目の木は世界一の宝石を入れる箱になりたい、2本目は大海原を旅する大きな船になりたい、3本目は世界中の人が見上げる大きく立派な木になりたい、というそれぞれの夢がありました。時が経ち、それぞれの木は成長し、山から切り出されました。

 1本目は宝石箱どころか家畜のエサを入れる箱に、2本目は旅する大きな船ではなく、小さな漁船に、3本目は材木にされ、誰にも使われず置き去りにされました。

 更に年月が経ち、夢をみていたことさえ忘れかけた頃、1本目はある日の夜、馬小屋で生まれた赤ちゃんを寝かせる箱に、2本目は嵐を鎮める人とその弟子を乗せる船に、3本目はすべての人の罪を担った人がかけられる十字架に、それぞれ使われました。

 3本の木のそれぞれの夢は、はじめの願いとは全く異なった形になっていました。しかし、神様がそれぞれの木に用意された計画がなされた時、3本の木の願いは想像をはるかに超えた形で叶えられ、世界の人が「イエス・キリストを思い出す3本の木」になったのでした。

 

 自分の描いたとおりに夢が叶わなければ失敗でしょうか?計画通りの人生が全て幸せなのでしょうか?

 確かに私たちがどんなに祈っても、願っても聴かれないと感じる時があり、夢はかなえられず、願いが届かない時も少なくありません。しかし、この絵本は、祈りがすぐに聴かれなくても、自分の思い通りでは無かったとしても、神様は「将来と希望を与える」と約束され、私たちの想像を超えた形で応えられることを教えてくれます。

 

 聖書は「わたしは、あなたたちのために立てた計画をよく心に留めている、と主は言われる。それは平和の計画であって、災いの計画ではない。将来と希望を与えるものである。」(エレミヤ書29章11節)と神様の約束を示しています。

 

 

 

学校紹介「校長挨拶」はこちらをご覧ください

「輝くこと」

校長 平田 理

 

 

 

 

 しばらく前ですが、渡辺和子シスター(1920‐2016)の著書『置かれた場所で咲きなさい』(2012年刊)が話題となり、「2.26事件」の直接的な関係者家族であった著者の経歴にも注目が集まりました。文字通り「波乱万丈」の戦前戦後の時間を過ごした彼女が、留学中に出会った英詩、神学者ラインホールド・ニーバー(Reinhold Niebuhr,1892-1971)の『Bloom where God has planted you』に励まされたことをご存知の方もいらっしゃるでしょう。

 

「花を咲かせる」意味は、単に成功することや目立つこととは異なります。また、仕方がないと、諦めて我慢することではありません。また、置かれた場所が自分の成長や学びに向いていない場合には変わればよい、という考えでもありません。確かに、困難や悲嘆すべき場に置かれたとすれば、自力では如何ともし難い場合があります。更に逃げても、離れても変えられないこともあります。しかし、「咲けない」時があっても『咲きなさい』との薦めには、どんな意味が込められているのでしょうか。

 この詩の「咲くこと」のもう一つの意味は「輝くこと」です。誰かに置かれた場所であっても、自分で選んだ場所でも、いま立つ場所で、何を選び、考え、生きるかが「輝き」に関係しています。しかし、誰にでも「咲けない日」は必ずあります。そんな時には根を下へ、下へとおろし、咲くために必要な養分や水分を得ることが大切だと言うのです。受け容れ難い苦しみや悲しみ、不本意な時間の中にあっても、自分が逃げ出すことや咲くことばかりを考えるのではなく、小さな幸せや喜びを探し求める姿勢が、「輝くこと」になり、「咲くこと」につながっているからです。

 

 聖書には、時折、それは不可能では?という疑念にかられる言葉があります。

「いつも喜んでいなさい。絶えず祈りなさい。どんなことにも感謝しなさい。これこそ、キリスト・イエスにおいて、神があなたがたに望んでおられることです。」テサロニケの信徒への手紙Ⅰ 5章16~18節 

 

 自力で「いつも、絶えず、すべて」は不可能です。しかし、使徒パウロは、この「喜び、祈り、感謝」を支えている土台は「イエス・キリスト」であることを教えています。キリストの助け、支えによってのみ、不可能が「可能」となり、神様が期待しておられる生き方につながるのです。自分らしく「輝くこと」を求め、喜びと感謝を誰かに伝えたいものです。

 

「わたしを強めてくださる方のお陰で、わたしにはすべてが可能です。」フィリピの信徒への手紙4章13節

 

 

 

学校紹介「校長挨拶」はこちらをご覧ください

< 12 3 4 5 6 7 8 >