新着情報 News

校長通信

「放たれた矢」

校長 平田 理

 

 

 自分のしていることが相手に何を、どのように与えたかを、人は知らないことが多いのではないでしょうか。むしろ、何かを与えていると感じて接している時は、相手にとってそれは不要なもの、迷惑なことなのかも知れません。

 

「おはようございます、いってきます!!」と明るく、元気に出かけていく近所の園児の挨拶に、心が温められます。自転車のチャイルドシートから発せられるその声と明るさに、励まされ、救われるような気持ちにさえなります。勿論、その挨拶に近所のだれかのためにとか、世の中を明るくするためにといった特段の理由は無いでしょう。むしろ、家庭教育の実として習慣化された、近所の人への「ただの挨拶」なのかも知れません。

 翻って、子どもや誰かのために放つ「親身な声掛け」や、与えようとした「教育的な」助言や支援が、柔らかな心や見えない心根に思いがけない影響を与え、愕然とすることもあります。

 

 人の心は、時に問題や困難の隘路(あいろ)に入り込んで、後戻りも抜け出すこともできない状態に陥っていることがあります。自分自身の置かれている状況を俯瞰(ふかん)し、抜け出すには意図的に、誰かから見つけてもらうような機会や何らかの支援が必要です。そのような時、周囲から見れば些細な、他愛もない「挨拶」や「ほほえみ」、「ひと言」が、誰かをその隘路から導き出し、小さな幸せをもたらしてくれることがあります。むしろ、「意図されない」自然な言葉や行為にこそ「力」があると感じます。その及ぼす影響は放たれた矢のごとく、自分の知りえない時に、想像さえ及ばないところで作用していることを19世紀の古い詩『矢と歌:The Arrow and the Song』が教えてくれます。

 

  『私は大空に矢を放った 矢は私の見知らぬ大地に落ちた

  飛び去る矢は余りにも早く その行方を追うことはできなかった

  私は大空に向かって歌を唱った 歌は私の知らぬ大地に消えた

  その歌を追うことができるほど敏感で強力な視力を 持つ人はいなかった

  幾多の歳月が流れ去り 一本の樫の木に、折れずにささっている矢を見つけた

  そして、私のあの歌が何も変わらずそのまま、友の心に宿っていたのを知った』

H・W・ロングフェロー(Henry Wadsworth Longfellow,1807-1882)

 

 私たちの放つ言葉や行いが誰かを幸せに導いていくように、励ましや支えとして作用するように「・・・良いものをいれた心の倉から良いものを出し・・・心からあふれ出ることを語る」(ルカによる福音書6章45節)ように心に刻みたいものです。

 

 

学校紹介「校長挨拶」はこちらをご覧ください

「うんとかんがえる」

校長 平田 理

 

 

 

「わたしはスイミーについて書きたいと思います。わたしはスイミーをよむのが大すきです。なぜ、すきかというと、スイミーはとても頭がよいと思ったからです。さいしょは、スイミーだけ黒くてとてもかわいそうだと思いました。でも、一人のこされても、ほかのなか間をつくってさいごに大きな魚をおい出したところが、すごいと思いました。大切なところは、うんとかんがえるところだと思います。わたしも、うんとかんがえてかしこくなりたいと思います。」(2年生女児 原文まま)

 

「スイミー」の授業内感想文です。短文の中に、自分の考えをよくまとめています。2年生国語教材として長年用いられる「スイミー」ですが、「うんとかんがえる」ことに注目した児童の感性に感心します。

 

 幼い時から「思考力」を鍛えることは大切な要素です。思考する力を身に着けるには、問い、悩み、失敗し、悔しい思いを抱き、達成の喜びを味わい、創造力や共感力を刺激する体験が必要です。自分自身で「うんとかんがえる」ことの中で、その考えを「誰か」と分かち合うことの意味や違いも学ぶのです。英語の「思いめぐらす、熟考する:speculate」ことの語源は、ラテン語「speculum:鏡」とされます。人は鏡を見ながら、服や寝ぐせを直し、鏡に映る自分の表情から、その日の気分さえも確認します。鏡が映し出す自分自身を見つめ、振り返り、「うんとかんがえる」のです。自分自身に対する視線や自意識を大切にする一方で、他者からも「良く思われたい」「価値ある」存在になりたいと願うのです。人は人間らしく、より良く成長するように、自分自身を見つめ直すように、創られているのです。

 

 世の中には、いくら考えても答えや解決が与えられない問い、課題があります。しかし、「うんとかんがえる」ことで、異なった視点や答え、解決につながるような考えの糸口が見えてくることがあるはずです。

 

 聖書は、『神と共に知恵と力はあり 神と共に思慮分別もある。』ヨブ記12章13節、『主を畏れることは知恵の初め。これを行う人はすぐれた思慮を得る。』詩編111編10節 と、「うんとかんがえる」ことを神様に祈り続けることが、思慮分別を確かに身に着ける近道だと説きます。

 

 

 

学校紹介「校長挨拶」はこちらをご覧ください

「まなびの可能性:Affordance」

校長 平田 理

 

 

 

新年度始業から、早1か月余りが経ちました。登校時の在校生(上級生たち)の顔にはそれぞれの成長ぶりが感じられ、嬉しい限りです。まだまだ初々しい1年生も表情にこれからの大きな可能性を信じ、楽しみになります。

 

「Affordance:アフォーダンス(英)」は、「知覚や行為を促すものとして環境が内包している、ある種の影響力」を意味する言葉です。

米国の生態心理学者 ギブソン博士(James.J.Gibson 1904-1974)が、英語の「afford: 与える、提供する」から生み出した造語(概念)と言われています。例えば、コップの取っ手は、人に「持つ」という動作(行為)を促している(影響している)といった具合です。しかし、手の指を絡めて持つのか、足の指で挟んで持つのか、或いは両手で包み込んで持つのか等は、使う「人」に委ねられている「可能性」です。コップの取っ手のデザインは使う人に「指を入れて持つ」ように誘いますが、「取っ手」の使い方は、あくまでも使う人に委ねられている「可能性」なのです。

 

学校や教室という環境が子どもたちに促している影響力は、教科に関わる学び(新しい知識や情報)以外にも様々あります。新しいことや人との出会いによって得られる刺激や、心のひだで感じとることは適切に言語化できませんが、子どもたちの大切な「学び」なのです。

 

現在、4~6年生が縦割り班を作り、「ファミリー」となって構内を掃除する「上級生掃除」を実施しています。6年生が4,5年生に掃除方法を教えます。また「みんながきれいに掃除した場所を使ってくれるように」「みんなできれいに掃除ができてうれしい」と6年生がお祈りをします。この姿を4,5年生は見て「学び」ます。

運動会の全体練習でのラジオ体操や行進の集散では、5,6年生が良いお手本を見せ、模範となります。ここから下級生は生きた「学び」をします。

上級生が音も無くチャペルに入場する、起立や着席を号令や指示を受けずに行う姿に下級生は「学び」ます。

一方で、ふさわしくない言動で注意をうける姿を遠目に見ることから、自省や修正を「学び」ます。

 

周囲にいる大人の会話や人に接する態度を観察することによって、子どもたちは日に日に学び、感じ、吸収し、「影響されて」いく可能性があります。もちろん、本好きのご家族に囲まれて育ったとしても、子どもが本好きになるとは限りません。しかし、そこにある空気感や流れる時間、ご家族の知的な欲求が、柔らかで、好奇心に満ちた魂に与える影響と可能性は小さくありません。

 

聖書は、「子をその行くべき道に従って教えよ、そうすれば年老いても、それを離れることがない。」(箴言22章6節)と、子どもに寄り添う教えを説き、「すべての訓練は、当座は、喜ばしいものとは思われず、むしろ悲しいものと思われる。しかし後になれば、それによって鍛えられる者に、平安な義の実を結ばせるようになる。」(ヘブル人への手紙 12章11節)と、心穏やかに正しい道を歩むための、反復練習の可能性を示しています。

 

 

 

学校紹介「校長挨拶」はこちらをご覧ください

「こころから たんきゅう(探求・探究)する こども」

校長 平田 理

 

 

 

 コロナ禍において新年度、新学期が例年通りの日程で始められましたことを、心から神さまに感謝致します。

 4月7日には始業式、4月8日には入学式を無事に執り行うことができました。

 

 本校では毎年、学校年間目標を聖句と共に掲げています。2021年度は 『こころから たんきゅう(探求・探究)する こども』~真理を探求し、知識を探究する~ であり、中心聖句は「造り主の姿に倣う新しい人を身に着け、日々新たにされて、真の知識に達するのです。」(コロサイの信徒への手紙3章10節) としました。

 

 新型の感染症が世界的に広がり、これまでの仕組みや大切にしていたことが壊されています。また、何が善いことで、何が悪いことなのかさえも見失いそうです。これまでの「あたりまえ」や「とうぜん」は無くなり、来週や来月の予定さえもわからない状況です。

 

 「新しい生活」を生きるには、どんな力が必要でしょうか。世界中が不安な気持ちと見えない病気への恐れの中で過ごす時代だからこそ、「常に神さまのみ心を尋ね求め、真理(大切なこと、本当のこと )を考え、究める人」が必要とされていることは確かです。人は弱く、不確かで脆いものです。「自分の意見や思いは絶対大丈夫」と思っていても、激しく試されると、いとも簡単にふるわれ、揺らいでしまいます。揺るぎない土台となるような「真理」を追い求め、神のみ旨に適った道のりを探し求める、イエス様のこころを備えた子どもたちが必要だと思います。

 

 「三育」の学校の礎は、今から120年以上前に建てられた「和英聖書学校」です。その学校が建てられた時の理由(「設立ノ主意」(1898年))には、「聖書ノ真理ヲ考究ス」ること、「永遠の命に係わる教え」が必要です、と掲げられています。たゆまぬ祈りと、揺るぎない信仰を心に据えることができる人を世の中に送り出すことが、学校設立の時代から「三育」の使命なのです。

 

 旧約聖書 哀歌3章25節には、「主に望みをおき尋ね求める魂に/主は幸いをお与えになる。」と神さまは約束されています。今年度学校目標には「たんきゅう」の二つの意味を込めています。それは、「真理を探求する」、「真の智慧を探究する」です。「イエス様の心に近づき、愛に基づいた善を行い、本当に大切なこと(真理)を探し求め、本当に必要な知識や知恵を探し究める子どもたち」で在りたいからです。

 子どもたちと共に「さがし、もとめる」一年間を過ごしてまいりたいと思います。

 

 

 

学校紹介「校長挨拶」はこちらをご覧ください

「プロティアン:Protean」

校長 平田 理

 

 

 一昨年には想像にも出来なかった新型感染症の世界的蔓延がもたらした影響は、私たちの予測や既定の枠組み、制度等をいとも簡単に崩しました。そして、この世界規模の危機に直面することで、私たち人間とって本当に必要なこと、大切なものが浮き彫りにされ、否が応でも考えさせられ、判断を迫られました。目前の危機や与えられた課題に対し、持てる能力や技術を駆使して行動を起こすことで、昨日までの自分を超える、変える姿勢が必要になったからです。しかし、誰もがその課題に挑戦して、新しい能力や技術を体得したり、問題を解決できたりする訳では無いことも事実です。この激変する時代を生きていくには、これまでとは異なった、どんな力が必要なのでしょうか。

 

 「Protean:プロティアン(変幻自在)」という考え方があります。元来、キャリア教育で利用され、「変幻自在な」「多方面の」と訳される言葉です。同一組織内に長期間留まってステップアップするようなキャリア形成よりも、自己の成長や気付きといった心理的成功を目指す生き方です。(米心理学者Douglas T Hall(ダグラス・ホール)提唱)

 

 ホール博士はこの生き方で大切になるのは、2つの能力だと言います。先ず、アイデンティティ(Identity):自分の価値観、趣味、能力、一生を通して抱き続ける自己概念。そして、アダプタビリティー(Adaptability):変化への適応スキルと適応モチベーション。言い換えれば、自分自身を過信したり、依存したりせずに、他者との共存的な関係性に於いても、変幻自在に自力を発揮できるように自分を整え、磨いていく生き方です。確かに、多くの課題や問題には、およそ自分では抗えない状況もあるでしょう。しかし、その克服できない点ばかりに囚われ、否定的な思考に陥るのではなく、自分でできることから適応させていく力、変幻自在のプロティアン思考が必要だというのです。

 

 卒業式を間近に控え、卒業式の練習を連日行っています。チャペル入場では、一人ひとりが私と瞳を離さずゆっくりと行進します。その瞳の中に、子どもたちの成長を見ています。

 6年生は、新型感染症の影響で最終学年の1年間を「忍耐」をもって過ごしてくれました。運動会もクリスマス礼拝も全学年での遠足も中止でした。沖縄修学旅行も中止になり、期間を短縮し、首都圏内での研修旅行となりました。6年生が主導する学校活動の機会も少なくなりました。それでも子どもたちは、難しい状況の中で最善を尽くそうとしてくれました。限られた中であっても実施できたことに感謝だと話してくれました。

 これから先も未曽有の経験を余儀なくされることが起こることでしょう。しかし、いまこそ希望の光を見つめて歩んでほしいと思います。

 

「わたしたちは見えるものではなく、見えないものに目を注ぎます。見えるものは過ぎ去りますが、見えないものは永遠に存続するからです。」(コリントの信徒への手紙二 4章18節)

 

 ラインホールド・ニーバー(Reinhold Niebuhr)が作った有名な詩があります(一部抜粋)。

・・・When I bloom ㏌ the place where God has placed me,

   神様が植えられた場所で私が咲くとき、

   My life becomes a beautiful flower ㏌ the garden of life.

   私の人生は、いのちの園で咲く、美しい花になるのです。

   Bloom where God has planted you.

   神様が植えられた場所で咲きなさい。

 

 自分ばかりの為ではなく、周囲にいる誰かを幸せにするように、精一杯に美しく咲くことで存在を輝かせなさいと勧めています。学び舎を巣立つ6年生は、単なる偶然や成り行き、因果関係から6年間を過ごしたのではありません。神様の意図とご計画のうちにありました。そしてそれぞれの個性を輝かせ、美しい花を咲かせてくれました。

 子どもたちはこれからも、神様が植えられた場所で輝き続けると感謝をもって祈りながら、送り出したいと思います。

 

 「あなたがたは世の光である。山の上にある町は、隠れることができない。また、ともし火をともして升の下に置く者はいない。燭台の上に置く。そうすれば、家の中のものすべてを照らすのである。そのように、あなたがたの光を人々の前に輝かしなさい。人々が、あなたがたの立派な行いを見て、あなたがたの天の父をあがめるようになるためである。」(マタイによる福音書5章14~16節)

 

 

学校紹介「校長挨拶」はこちらをご覧ください。

 

 

 

 

 

 

 

< 1 2 34 5 6 7 8 >