新着情報 News

校長通信

「信頼 > 信用」

校長 平田 理

 

 

 氾濫する情報の中から「真偽」を見分け、必要な情報や知識を適切に役立てるには、専門家並みの知見や教養が求められるのでしょうか?ベストセラー『ファクトフルネスFACT FULLNESS』(ハンス・ロスリング著 2019)によれば、「世界の真実」の多くは、思い込みと誤解で歪められ、認識されることが多いと忠告します。そして、「賢い人ほど世界の真実を知らない」と知識人の思い込みの怖さを指摘します。確かに、データなどの事実に基づき、真偽を観察し、正しく適切な判断を下す習慣が必要な時代ですが、個人的な情報収集では限界がありますし、情報の信用度をはかる術も不明で、心許ないばかりです。個人的な思い込みや単純化、奇妙なパターン化に陥らないためには、正確な情報収集も然ることながら、異なった価値観を持つ人、生き方や意見が異なる人との出会い、換言すれば「異なった」「批評的」視点に立てるかが鍵です。更に、その視点や意見を「信頼」できることが大切です。

 

 ネット社会での信用度は「いいね」数や「フォロワー」数で左右される傾向があります。良心的な運営が継続されている場合には、肯定的で好意的なコメントが増え、信用度も積み重ねられ、「信頼」できる店舗や人になるのかも知れません。確かに否定的なコメントが多いサイトや店舗からは、商品を購入したいとは思いません。一方で、このような信用度は、本当に「信頼」に足るものかとの疑念もぬぐい切れません。それは、「信用」が過去の実績や客観的なデータの蓄積への「信用」で、場合によっては、「買える」ものだからではないでしょうか。

 

 私たちの人間関係において、「信頼関係」を築くことは極めて大切ですが、人と人との関係性においての、「信用関係」という言葉は一方的な対人評価のように感じ、馴染みません。人が求める「信頼」は、たとえ、その人の様々な不備不足に気が付いていても、その人の本質や品性を認め、未来への約束を双方が信じる、という極めて主観的で、感情的尺度だからかも知れません。

 

 『心を尽くして主に信頼し、自分の分別には頼らず、常に主を覚えてあなたの道を歩け。そうすれば、主はあなたの道をまっすぐにして下さる。』箴言3:5-6

 

 子どもたちが出会う一大人の一人として、子どもの言うことの真偽に左右されず、子どもの未来と可能性を無条件で「信頼」し、「子どもの真実」を探り続ける大人で在りたいものです。

 

 

学校紹介「校長挨拶」はこちらをご覧ください。

「チムグクル 肝心」

校長 平田 理

 

 

 例年ですと、「沖縄慰霊の日」の後の6月下旬から、6年生の修学旅行(3泊4日)で沖縄県を訪ねます。平和学習と系列学校交流、歴史や文化探訪の機会としても学びが大きい時間です。しかしながら今年は延期となっており、最終学年の集大成として実施できないものかと、祈りのうちに模索しているところです。

 

 昨今、平和を祈念せざるを得ない状況が続いていますが、戦後70年以上を経てもなお、基地移設問題を中心とする「不平等な戦後処理」に翻弄される沖縄県民の心情を察すると心が痛みます。私たちは、いかなる状況であっても「戦争」という蛮行に抗うため、過ちを繰り返さぬため、個人としても、国としても平和を創り出す努力が必要です。

 

 沖縄の方言(ウチナーグチ)に「チムグクル」という言葉があります。標準的な意味に言い換えると本来の意味から離れてしまいますが、「肝心 チムグクル」とは「人の心に宿る深い思い」、「心からの思いやり」を意味している言葉のようです。衷心から相手を思いやり、全身で痛みや悲しみを受け止めることが、沖縄の人々が大切にしてきた「チムグクル」です。しかし、現在の沖縄が置かれている状況は、この「チムグクル」を、よりによって同胞である「本土の人々」からも踏みにじられているかのようです。

 

 戦争に勝者はいないと言われますが、お互いを本当に思いやる関係を望むならば、痛んだ心や悲しむ心を深く慮る「チムグクル」をあらためて心に刻み、その痛みを分け合い、ゆるし合うことが、全ての人に求められているのです。

 

 使徒パウロは互いに親切にし、憐れみの心で接し、神がキリストによってあなたがたを赦してくださったように、赦し合いなさい。(エフェソの信徒への手紙 4章32節)と勧めます。

 

 

 

学校紹介「校長挨拶」はこちらをご覧ください。

 

「善く用いる」

校長 平田 理

 

 

 新しい学校生活を始めた1年生のお世話は、6年生が担当することが伝統になっています。児童玄関のお出迎え、教室での着替えや整理整頓など「おにいさん」「おねえさん」たちの奮闘も微笑ましい光景です。少し前の自分自身の追体験のような時間なのかも知れません。

 今年は新型コロナウイルス感染症拡大予防のために、6年生にお世話をしてもらうことができませんでしたが、お昼休みには1年生と6年生が一緒に遊ぶ姿が見られ、1年生に合わせた遊びをしてくれています。担当の1年生の手を引きながら、「わたしの人生で最高に幸せな時間かも知れない!」と、やや大袈裟にも聞こえる感想を述べ、最高の笑顔を見せてくれる6年生の心の在り様に、こちらも嬉しい、幸せな気持ちのお裾分けを頂いています。

 

 『良識(bon sens)はこの世で最も公平に配分されているものである。』近世哲学の祖として知られる、ルネ・デカルト(Rene Descartes 1596 - 1650)が初めて哲学書として出版した著作『方法序説』(1637年)においての冒頭文に示した言葉だそうです。ここでいう「良識」とは、最も公平に与えられている知性や知識を、自分以外の誰かのため、より良いことを為すために分かち合う精神とも言えます。

 更に、デカルトは『よい精神(良識)を持つというだけでは十分ではないのであって、よい精神(良識)をよく用いることが肝要だ。』とも記しました。私たちに備えられた、優れた知性や知識は人を正しく導きもすれば、悪巧みに役立ちもします。豊かな感性は人を励まし、支えもすれば、貶め、辱めもします。だからこそ、それらをいかに「善く用いる」かが問題だと言うのです。

 

 聖書は、「心を尽くし、精神を尽くし、思いを尽くして、主なるあなたの神を愛せよ。」(申命記6章5節)、同じように、「自分を愛するようにあなたの隣人を愛せよ。」(レビ記19章18節)と勧めます。

 子どもたちばかりか、大人も、天から「公平に与えられた良い精神」を善良に保ち、隣人に対しても善良に用いる生き方を心がけたいものです。

 

 

 

学校紹介「校長挨拶」はこちらをご覧ください

 

「『それしかないわけないでしょう』?」

校長 平田 理

 

 

 『それしかないわけないでしょう』(ヨシタケシンスケ 2018)という絵本をご存じの方も多いでしょう。哲学問答のようなタイトルの「こども向け絵本」に、考えさせられます。子どもたちが「おとな」から教えてもらった「みらいのせかいは、たいへんなことばっかりって、ホント?」という問いに、私たちはどう答えれば良いのでしょうか。

 

 昨今、制限されたり、自粛したりする「たいへんな生活」の中で、私たちの日常には、「これしかない」ことがたくさんあって、「あたりまえ」で、「ありふれた」ことで、社会が成り立っていることに気づかされます。だから、変えられない、外せない、止められないことが多いのかも知れません。私たちの社会は、これまでの経験や知見を重ねることで、これから起こるかもしれない「みらいのせかい」は、「きっとこうなる」「だからこうするしかない」と、見えているつもり、わかっているつもりになっていたようです。

 

 今は見えないこと、わからないことだらけに囲まれて生活しなければいけません。ましてや、「みらいのせかい」なんで、想像も、予測もつかない「未確定」だらけです。しかし、絵本の中で、尋ねられたおばあちゃんは明るく答えます、みらいがどうなるかなんて、だれにもわからないんだから、「だいじょ~ぶよ!」(乱暴なくらい楽観的ですが。)

 

 ですから、子どもも大人も、今できることの最善や最適を選び、「あたりまえ」にとらわれた考えや「こうするしかない」という既定路線を外れ、「それしかないわけないでしょう」の気持ちで、多様な選択肢や、新しい視点から「みらいのせかい」の可能性を広げる生き方、考え方が大切です。

 

 聖書も「無垢であろうと努め、まっすぐに見ようとせよ。平和な人には未来がある。」(詩編37編37節)と説きます。私たちには力及ばない、色々な事情や状況はありますが、心を澄ませ、本当に大切なことを見つめ、選んでいく努力が必要です。

その先に「確かに未来はある。あなたの希望が絶たれることはない。」(箴言23章18節)と信じ、心から「たいじょ~ぶよ!」と答えられる生き方があります。

 

 

 

学校紹介「校長挨拶」はこちらをご覧ください。

「新しい生活様式:New Norm に馴染みましょう」

校長 平田 理

 

 

 新型コロナ肺炎の世界的な蔓延によって、私たちの生活は大きく変わりました。老若男女、国籍や民族、職業や所属に関わらず、多くの人たちが「今おきていること」すべてについて疑問や不安を抱えていますし、これまで、必ずやってくるはずの「ありきたりの日常」が、一夜にして「特別」に感じるほどに、大きく変わってしまいました。子どもたちにすれば、更に「何が起こっているのか」という疑問と不安だらけです。ご家庭の皆様にしても同様です。ご家族の食事や生活のお世話が膨らみ、家庭学習を余儀なくされている子どもたちの勉強を応援し、時には一緒に答えを考え、退屈している時間を何とか紛らわそうと工夫して一緒に遊び、加えて、ご自身のお仕事の責任と役割に頭を巡らせ、・・・「頑張っている」「何とか乗り越えようとしている」のだと推察致します。ご家族の皆様には、心より感謝し、御礼を申し上げます、「ありがとうございます」。しかし、「誰かぁ助けてぇ!」の状況です。私たちも微力ながら、ご家庭の皆様同様に「今できること」の「最善と最適」を懸命に探し、小さな前進を試みている状態です。

 

 今、子どもたちに私たちができる最善のことは、「新しい生活様式」に少しずつ適応できるように、「新しい」日常生活を、一緒に創り上げることではないでしょうか。「できないこと」だらけの生活から、その中でも「楽しみ」と「希望」を見つけられるように、先ず、私たち「大人」が子どもたちにお手本を見せる時ではないかと感じています。ご自宅で過ごす時間が長くなっている今、「私たちができる3つのこと」をお勧め致します。お試しになってはいかがしょう。

 

①子どもたちの言葉に耳を傾ける

 こんな時に限って、子どもたちは面倒なことを言ったり、やったりします。時にはケンカ腰です。こんな時にこそ「大人の対応」です。たしなめたり、避けたりせずに、安心しておしゃべりができる「場」を創りましょう。子どもたちには、思っていることや感じていることを思う存分に話すことができる時間が必要です。機嫌よく過ごしている大人に囲まれて過ごすことで、子どもたち自身も気持ちや思いを整えることの大切さに気づきます。

 

②「わたしがお手本です」、の心意気

 いつでも、どこでも、機嫌よく過ごすことができれば苦労は要りませんが、こんな時だからこそ、先ず、私たち「大人」が、安らげるように心がけましょう。時間は限られていますが、ゆっくりとお茶を飲む、美味しいものを食べる、好きな音楽を聴く、湯船に浸かる、早朝歩く等で、自らの「安らぎ」を創りましょう。心に安らぎとゆとりが得られると、子どもたちの必要に気づき、必要を満たし、「お手本」を示すことができると思います。

 

③子どもたちとお祈りの習慣をもつ

 三育小学校の子どもたちは、いつでも、どこでも、どんなに小さなことでも、神さまにお祈りすることを学んでいます。祈りは、考えや思いを神さまにお話して、必要なことを願い、感謝をすることです。朝食の前に、ベッドに入る前に、楽しかったこと、悲しかったこと、困ったこと、解決したこと等、どんなことでもよいのです。子どもたちの生活や学びの時間が大きく変わっています。本校では、一日の生活リズムを整える意味でも、お祈りの時間を持てるように、子どもたちやご家庭にお勧めしています。また、どんなことをお祈りしようかな、と思ったときのために、上級生向けにはこちら、下級生向けにはこちら、の祈りのカードを各ご家庭にお渡ししました。

 

『親たち、子供を怒らせてはなりません。主がしつけ諭されるように、育てなさい。』(新約聖書 エフェソの信徒への手紙6章4節) と聖書には書かれています。

 

 幼稚園や保育園、前学年までの生活リズム、1週間の時間割、習い事の曜日等、これまで、子どもたちには「規則正しい時間」が流れていましたが、今しばらくはご家庭で過ごす時間が増えますから、日々の生活リズム、週単位での時間割など、ご家庭の決まり事を創っても楽しいと思います。子どもたちにとって、一日の目標をもって過ごすことは大切ですし、ご家族で達成度を話題にできるかも知れません。

例:

お手伝い:お食事づくりの当番、お風呂や玄関などお掃除当番、ペットのお散歩等。

時間と曜日:朝ご飯や夜ご飯の時間。麺類の日、映画の日、ゲーム無しの日、

夜更かしOKの夜。家族全員が同じ色の洋服を着る日、

10、20、30日は〇〇の日等。

日課:ラジオ体操と縄跳び20分、▽▽問題集を毎日〇〇ページ等。

 

 大人ばかりか、子どもたちにとっても、不安や心配な時間が増える状況です。「新しい」日常生活(新しい生活様式:New Norm)を創り出し、子どもたちと一緒に少しずつ馴染んでいくことができればと思います。

 皆様のご健康と安全をお祈り申し上げますともに、一日も早い事態の終息と、登校再開の日を願ってやみません。

 

 

学校紹介「校長挨拶」はこちらをご覧ください。

< 1 2 3 4 56 7 8 >