新着情報 News

校長通信

「紅蜜芋」

校長 平田 理

 

 現在の5年生が1年生の時に書いた薩摩芋の観察記録に(原文)、

 「さつまいもがすごいよ。さつまいもになればいいことだよ。さつまいもがすごくいい。」

とありました。

 

 6月初旬に1~2年生が校園に薩摩芋の苗差しをしました。今年は幸いにも比較的新しい品種「紅はるか」(農林64号)と、関東圏で店頭によく並ぶお馴染みの「紅あずま」(農林36号)の2種類の苗を手に入れました。天からの恵みである雨と日差しを受けて、スクスクと蔓を伸ばし成長しました。猛暑の時には朝に夕に水をまき、汗だくになりながら雑草取りに励み、そして11月、快晴の秋空の下、1~2年生が収穫しました。丸々と太ってずっしりと重い薩摩芋は、昨年以上の大豊作で、子どもたちは大喜びでした。

 

「紅はるか」は別名「紅蜜芋」。しっとりと瑞々しいので、焼き芋にしても蒸かしても、多くの方が「甘くて美味しい」と感じます。元は同じ系列のお芋ですが、従来のものよりも「はるかに甘い」お芋として知られています。

薩摩芋は収穫直後よりも、適温保存され、余分な水分を除くことで更に「甘くて美味しい」お芋になります。児童の学びや成長にも時間と出逢いが必要ですし、人としての「味わい」も熟成される期間が必要であり似ています。子どもたちの心の中に本当に必要な「甘味」が蓄えられ、どなたかのためにもその「甘味」が必要とされますように祈ります。

 

聖書には、「あなたのみ言葉は…蜜にまさってわが口に甘いのです。」(詩編119編103節)とあります。

 

「さつまいもになればいいことだよ。」私もそう思います。

 

 

学校紹介「校長挨拶」はこちらをご覧ください。

 

 

学校見学について

本校では説明会や見学会としてではなく、日頃の様子を見ていただきたく、ご希望の方には随時、見学は個別(学期中平日午前中10:30~12:00。授業参観含む)に応じております。お子様も同行していただけます。またお車でご来校の際は校庭にお停めいただけます。日程をご相談させていただきますので、ご遠慮なくお電話でお申し込みください。

 

『「眞理ヲ考究ス」る』

校長 平田 理

 

 「わたしの目にあなたは価高く、貴くわたしはあなたを愛し」(イザヤ書 第43章4節)と聖書に示されているように、三育教育は一貫して、子どもたち一人ひとりが神様から愛されている、かけがえの無い、大切な存在であることを説き続けています。神様からの無条件の愛と、大切な家族や他者からの親愛によって支えられている人生を過ごしてほしいと願っています。

 しかし、世界規模での変革が急速に繰り返され、多種多様な価値観が混在する中にあって、確固たる自分を保ちながら生きることは容易ではありません。それでも、未来を担う子どもたちには、イエス・キリストが模範を示されたように、他者を受け容れ、協調し、自分のことばかりではなく、「誰かのための自分」を生き、周囲や社会をより豊かな世界に導こうと献身し続ける存在であってほしいのです。

 本校の校訓は、次の聖書のことばからです。

「だから、何事でも人々からしてほしいと望むことは、人々にもそのとおりにせよ。」

(新約聖書 マタイによる福音書 第7章12節)

 またミッション・ステートメントは、

 「わたしたちは、神さまに愛されている人として、互いに愛し合い、互いの必要に応え、世界のどこにいっても平和をつくり出し、神さまの栄光を現すために共に学び、働きます。」としています。このミッション・ステートメントは、教職員だけでなく、子どもたちも毎朝声を合わせて唱和しています。

 与えられた命を互いに尊び、無二の存在として認め、『神に依り頼み、人に寄り添って生きる人物』を育て、世に送り出すことは、三育教育創設以来、いつの時代にも掲げられてきた建学の主意でもあります。

 

 本校は今年、神さまのお守りとお導きの中、様々な苦節を乗り越えて、節目の時を迎えました。1915年9月、桃井尋常小学校分教場(天沼教会・東京府豊玉郡杉並村)として産声を上げた小さな教会学校は、1919年に「天沼学院初等部」へ改名して100年、第二次世界大戦中は閉校を余儀なくされましたが、戦後の1949年に「天沼教会小学校」(1956年に東京都練馬区関町南に移転・「東京三育小学校」に改称)として再開校してから70年の歴史を刻みました。多くの保護者様、近隣住民の皆様のお支え、関係者の皆様の献身的な祈りとお働きによって、現在を迎えていますことは感謝に堪えません。

 本校の前身である1898年の「和英聖書学校」の「設立の主意」には、「其天啓ノ眞理ヲ廣ク世界ニ紹介スル・・・聖書ハ実ニ世界文明ノ先導者ニシテ文明ト聖書ノ教理トハ相連系シテ離レベカラザル」もので、『「聖書ノ眞理ヲ考究ス」る』ことが本校の設立目的であると掲げられています。わたくしたちは、多くの先達がこれまで積み重ねてきた尽力と研鑽同様に、永遠に至る『「眞理ヲ考究ス」る』教育を継承しつつ、神さまから愛されている存在として、世界のどこに行っても平和をつくり出し、共に学び、働く人物を、これからも社会に送り出し続けたいと思います。

 9月21日(土)には、本校グレンジャーチャペルにおいて100周年/70周年記念礼拝をお捧げしました。順境の時は勿論の事、困難な時にも、神さまがわたくしどもの教育の歴史の中に常に恵み深く働いてくださり、多くの子どもたちの学び舎として継続させてくださったことへの感謝と、喜びで充たされました。

 神さまから与えられた輝く個性と才能を、将来の希望と計画に用いるために、備え、学ぶ「三育」の子どもたちを、これからも祈りと、イエス・キリストがしめされた愛をもって育ててまいりたいと思います。

 

 

学校紹介「校長挨拶」はこちらをご覧ください。

 

 

学校見学について

本校では説明会や見学会としてではなく、日頃の様子を見ていただきたく、ご希望の方には随時、見学は個別(学期中平日午前中10:30~12:00。授業参観含む)に応じております。お子様も同行していただけます。またお車でご来校の際は校庭にお停めいただけます。日程をご相談させていただきますので、ご遠慮なくお電話でお申し込みください。

「手から手へ」

校長 平田 理

 

 絵本「手から手へ」(集英社2012年)をご存知でしょうか。池井昌樹の詩集ですが、写真家 植田正治(1913-2000)の写真で構成されています。植田正治は、個人名が『植田正治写真美術館』(鳥取県)となるような日本を代表する写真家ですが、掲載されている写真は、詩集のために撮影されたのではありません。しかし、構成(山本純司)が絶妙で、あたかも詞のために撮影されたように、挿入された絵のごとく、素晴らしい相乗効果を生み出し、沁みる絵本詩集です。

 

 「・・・どんなにやさしいちちははも おまえたちとは一緒に行けない

  どこかへ やがてはかえるのだから・・・」

 「・・・やさしさを捨てたくなったり

  どこかへ置いて行きたくなったり・・・やさしさがおもたくなったら・・・

  そのやさしさがくるしくなったら・・・そんなときには

  ひかりのほうをむいてよ・・・一条のひかりから眼をそむけずにいよ」

 

 子どもと一緒に行けない、居られない、私たち大人は何を子どもに渡そうとしているのでしょうか?大切なものを手から手へ渡したいのですが、その大切なものは何でしょうか。財産でしょうか、名誉でしょうか、何を手渡そうとしているのでしょうか。

 「ひかりのほうをむいてよ」未来とも、希望とも置き換えられるでしょうか。「ひかり」は私たち大人が先人から引き継いできたものです。その多くは眼に見えない大切なものばかりです。平和、やさしさ、つながり、支え合い・・・いのち。

 聖書は「善を行い、良い行いに富み、物惜しみをせず、喜んで分け与えるように。真の命を得るために、未来に備えて自分のために堅固な基礎を築くようにと。」(テモテへの手紙Ⅰ 第6章18~19節)と勧めます。一人の大人として、大切なものを手から手へと確かに渡したいと思います。

 

学校紹介「校長挨拶」はこちらをご覧ください。

 

 

 

学校見学について

本校では説明会や見学会としてではなく、日頃の様子を見ていただきたく、ご希望の方には随時、見学は個別(学期中平日午前中10:30~12:00。授業参観含む)に応じております。お子様も同行していただけます。またお車でご来校の際は校庭にお停めいただけます。日程をご相談させていただきますので、ご遠慮なくお電話でお申し込みください。

 

「みんながハッピー」

校長 平田 理

 

 私たちの学校では各学期に一度、祈祷週があります。1学期と2学期は近隣の牧師をお招きし、1週間にわたって朝の礼拝をしていただきます。3学期は卒業を控えた6年生全員が学校生活を振り返りながら神様の愛を感じた体験や、これからも神様の教えを土台として生きていく決心を話します。その祈祷週の中で各学年の特別讃美歌が献げられます。ハーモニーに挑戦する学年や、手話や楽器を取り入れる学年など、個性を表現しつつどの学年も素敵な讃美を神様にお献げします。その中で印象に残っている特別讃美歌があります。「みんながハッピー」という讃美の歌詞で、その歌声と共に沁みましたので、ご紹介致します。

 

『かみさまがわたしたちに、ふたつのみみをおあたえになったのは

まわりのひとのこえをきいたり、こころのおもいをうけとめるためだろう

かみさまがわたしたちに、きれいなこえをおあたえになったのは

すてきなうたでこころなごませたり、やさしいことばでなぐさめはげますためだろう

わたしたちはかみさまのこども、できることなんでも、てつだいたいよね

みんながハッピーわたしもハッピー そんなまいにちたのしいよね

いつでもハッピーどこでもハッピー そんなまいにちにしたいね』

 

 

 作詞作曲は三育小学校で以前に教鞭をとられたK・T先生です。子どもたちと共に自曲を讃美できるとは何と素晴らしいことでしょう。この歌詞は、『わたしたちはかみさまのこども できることなんでも てつだいたいよね』と自分たちにできることを精一杯にしてみませんかと促します。自分だけの自分ではなく、誰かのための自分になろうとする姿勢が促されているのです。『みんながハッピーわたしもハッピー そんなまいにちにしたいね』と聴き手にも同意が求められています。自分を楽しませるのではなく、周りにいる人たちにも幸せになってほしい、そんな素敵な気持ちの日が続きますようにという願いが伝わります。

 サムエル・ㇾベンソン(Samuel Levenson 1911-1980)はユダヤ系アメリカ人ジャーナリストです。多くの示唆に富む言葉を残し、往年の名女優オードリー・ヘップバーン(Audrey Hepburn 1929-1993)にも大きな影響を与えました。ㇾベンソンは、「幸せとは副産物である。それ自体を追求することはできない Happiness is a by-product. You cannot pursue it by itself. 」と幸せの本質を言い当てています。誰もが幸せでありたいと望みますが、幸せという産物はどこにも存在しないということです。あくまでも、自分が誰かの為に仕え、与えることによって得られる「見えない報酬」だというのです。『みんながハッピーわたしもハッピー』誰かのための自分でありたいものです。

 

 「…人にへつらおうとしてうわべだけで仕えず、主を畏れつつ、真心を込めて従いなさい。何をするにも、人に対してではなく、主に対してするように、心から行いなさい。」 

(コロサイの信徒への手紙 第3章22,23節)

 

学校紹介「校長挨拶」はこちらをご覧ください。

 

 

学校見学について

本校では説明会や見学会としてではなく、日頃の様子を見ていただきたく、ご希望の方には随時、見学は個別(学期中平日午前中10:30~12:00。授業参観含む)に応じております。お子様も同行していただけます。またお車でご来校の際は校庭にお停めいただけます。日程をご相談させていただきますので、ご遠慮なくお電話でお申し込みください。

「きくことは きくこと」

 校長 平田 理

 

 本校は毎週月曜日に全学年児童がチャペルに会し、児童礼拝を行っています。学校つき牧師であるチャプレンをはじめ、校長、教頭、各担任等が礼拝メッセージを担当します。教職員全員が同じ信仰を守っていますので、礼拝日である安息日の児童向け礼拝でも全教職員が礼拝メッセージを担当しています。

「実に、信仰は聞くことにより、しかも、キリストの言葉を聞くことによって始まるのです。」(ローマの信徒への手紙 第10章17節)

 いかなる環境下にあっても、自分のことだけでなく、周囲の必要に敏感であり、応え、寄り添うことのできる人物を社会に送り出すことが私たち教育の使命です。その実現のために本校は聖書がすべての教育の土台になっています。

 

 「きく」を調べてみると大変多くの「きく」方法や態度、すなわち「ききかた」があることがわかります。次の5つの「ききかた」は、心して聴き、心の奥に効かせておく必要があると感じました。

「聞く」:「事実、事柄を聞く(Hear)」は周囲にある音をきく。言い換えれば、声であれ音であれ、受動的にきくことを指します。聞き流すこともできる「ききかた」です。

 

「聴く」:「心の動きを聴く(Listen)」は聞くことよりも更に能動的に聞き取ることです。言葉にならないコトバさえも聞き逃さず、聴くことを心がけることです。

 

「訊く」:「心の動きを引き出す(Ask)」は能動的に訊かせて頂く姿勢です。頷きや相槌を打つことで、同意や同調を示し、心の動きを引き出すような「ききかた」です。

 

「利く」:「より良くきくための感受性や共感性(Effect)」は、聴いている事柄を丁寧に受け取るための心構えが大切であることを教えてくれます。

 

「効く」:「きくことで信頼関係を築く(Result)」。聴いたことや受け取ったことを自分自身の中に取り入れることで、相手との信頼関係や理解が深まり、双方に効果がある、良い「ききかた」なのです。

 

 大切な5つの「ききかた」の「聞く」、「聴く」は、相手に対する聴き手の姿勢を表し、「利く」、「効く」は聴き手が自らに問う姿勢、つまり聴いた後、自分自身が効きいれる姿勢を示すことです。「訊く」は方法論です。丁寧に尋ねることで相手の本心を引き出し、更に「きくこと」を深めていく姿勢を示しています。

 私たちはさもすると、聞き流しても良い情報や会話に翻弄され、本当に聴かねばならない忠告や助言、言葉にならないコトバや相手の心の声を聴き取れていないかもしれません。

聖書は「だれでも、聞くのに早く、話すのに遅く、また怒るのに遅いようにしなさい。」(ヤコブの手紙 第1章19節)と、私たちの「きくこと」の指針を今日も教えています。

 

学校紹介「校長挨拶」はこちらをご覧ください。

 

学校見学について

本校では説明会や見学会としてではなく、日頃の様子を見ていただきたく、ご希望の方には随時、見学は個別(学期中平日午前中10:30~12:00。授業参観含む)に応じております。お子様も同行していただけます。またお車でご来校の際は校庭にお停めいただけます。日程をご相談させていただきますので、ご遠慮なくお電話でお申し込みください。

< 1 2 3 4 5 6 78 >